RPA 求人

【求人】まだRPAやってるの?新・RPAキャリア論

  • 2020年1月10日
  • 2020年1月10日
  • MAGAZINE
RPA 求人

___「すべての労働を自動化し、誰もが『好きな仕事』をできる世界へ」

その思いのもとで設立された会社をご存知だろうか。

その名は「PLAY株式会社」——

自動化により人々の生活を豊かにしたいと考えている同社が、更なる会社の成長を目指して採用を始めた。

そこで今回は、代表取締役社長の与田 明氏にPLAYの掲げる考え方や求める人材像などについてインタビューを行った。

徹底した自動化の推進がテーマ

与田明氏

働き方の変化

——現在、多くの企業で働き方改革が進められていますが、日本企業における働き方の問題点はどこにあると考えていますか?

まず問題の根本的な要因として、絶対的に労働人口が減っているということがありますよね。

そのため、働き方改革に進むのは当たり前のことだと考えています。

例えば、日本って頑張れば頑張るほど給料が上がる仕組みになってますよね。

その上、評価が相対的なので、一人が頑張ると他の人は更に頑張らないといけなくなってしまう。それが永遠にループして、長時間労働という問題も発生してしまっています。

——解決のためには何が必要だと考えていますか?

それは、「人を大量に余らせるということに尽きます。」

——なるほど。具体的には、どのようなことが必要でしょう。

徹底的にオフィス業務の自動化を進めていくことですね。

今の時代、ある程度働かなくても生きていける時代になっているじゃないですか。

でも、やっぱり働かなかったら怖いから余計に働いてしまうんですよね。

だから、自分たちは自動化集団としてオフィス業務を最適化させ、「流石にもう働かなくてもいいんじゃない?」って人々に気づかせることがミッションだと考えています。

——自動化という点がキーワードなんですね。

そうですね。

ToBで事業を推進する際、企業の業績を伸ばすためには売上を伸ばすか、コストを下げるかの二択になるのが一般的です。

基本的に多くの企業は売上を伸ばす方に注力しており、コストを下げる方は今まで日陰でした。

しかし、近年RPAなどが出てきたことで業務自動化によりコストを下げる部分に光が当たり始めたんです。

先ほども言った通り日本は人が足りていないので、今後収益を伸ばすに当たってコストを下げることは非常に重要になってきます。

PLAYではその第一段階として、取り掛かりやすいオフィス作業の自動化から行なっています。

その一つとしてRPAは、自動化を進めていくための入り口であると考えています。

——将来的にはホワイトカラーの業務のみならず、ブルーカラーの業務の自動化も考えられているのですか?

もちろんです。

というか、それをやる前提でいますね。

そのために今は会社を成長させている段階です。

企業が抱える課題を明確に

与田明氏

——自動化という言葉が多く出てきていますが、具体的に自動化に向いている業務を教えてください

職種ベースで考えると良いのですが、例えばオフィスで多く発生する事務作業などです。

営業になるとお客さんとコミュニケーションを取る必要があるため難しいのですが、営業をするにしても受発注業務のような営業事務処理の仕事がありますよね。

日本って元々卸の文化があるので、そのような営業事務の仕事が多くの会社で発生してしまっているんです。

なので、まずはこの部分をなくしていきたいと考えています。

——自動化を進めるためにはやはりRPAから初めていくのが良いのでしょうか

そういうわけではありません。

まずは、自社の課題は何かを明確にすることが大切です。

RPAだけで全てを自動化するというのは無理なんですよ。

例えば、絶対的にトランザクションが多すぎて業務

がまわらないのであればERP導入など検討すればいいですし、従業員100人くらいの会社で高額なRPAを導入するというのは、おかしな話ですよね。

RPAが流行っているからといって固執する必要はないんです。

自分が会社名にRPAと入れなかったのも、RPAにこだわらず自動化全般をやりたかったからなんですよね。

——それでは自動化ツールの導入に失敗しているような企業は、課題設定が不明確であることが要因でしょうか?

まさしくその通りです。

ツール自体は世の中に大量にあるし、各ツールはそれぞれとても優秀です。

だからツール導入の失敗は、推進の仕方に問題があるんです。

RPAをやりたいとか、OCRをやりたいとか、そこから始まる企業さんって多いんですけど、そういうことではないと思うんです。

「それぞれの会社はどの作業に時間が割かれているか」

この問いに即答できる経営者の方ってそんなに多くないと思うんですよね。

なので、RPAに向いている業務を洗い出すということではなく、組織図ベースでどこに課題を抱えているかの抽出を行なっていく必要があります。

課題さえわかってしまえば、あとはツールに任せておけば自動で業務を行なってくれるわけですね。

日本の企業が導入に失敗しがちなのは、課題が明確でないのに自動化を進めようとしてしまう点にあると考えています。

すべての労働を自動化し、誰もが『好きを仕事』にできる世界へ

与田明氏

−それでは、PLAYの事業内容の詳細について教えてください。

実はPLAYはこの事業をやる!というようなことはないんですよね(笑)

基本的にはミッションありきで動いています。

最終的な目標としては、人類を根本から幸せにしたいと考えていますね。

−それは壮大な目標ですね。

今って、好きじゃないことを仕事にしている人が大半じゃないですか。

その証拠に、月曜日が嫌な人って多いですよね。

だからこそ、『好きなことを仕事にしたいんです』

そのために、まずは余計な仕事を減らすところから始めたいと考えています。

資本主義である以上、仕事って増えることはあっても減ることはないんですよね。

例えば、よく「自動化ツールを導入して17万時間の業務時間削減」みたいなことが書かれたりしていますが、これって新たに17万時間の仕事が生まれるだけなんですよ。

先ほども言った通り、今の社会はある程度働けば生きていける時代なので、働く時間を減らしたほうがより人生豊かになると思うんです。

だから、私たちはまず徹底的に自動化を進め、人がいなくても回っていく仕組みを作りたいと考えています。

自動化の言葉の定義がとても広くて、例えば「自動化しまくった広告代理店」や「自動化しまくったテレビ局」でもいいんです。

「とにかく自動化領域であればなんでもしたい」って感じですね。

そうすれば、企業も成長するために人を増やすことがマストでは無くなるわけですよね。

自分たちはその支援をしていきたいと、考えています。

−では、その実現のために行おうと考えている事業内容についてお聞かせください

まずは、各企業にヒアリングを行い、自動化のコンサルティングを行なっていこうと考えています。

先ほどの企業が抱える課題を見つけることって、実はそれほど簡単なことではないんですよね。

そこで私たちは、今後自動化を推進したい企業やすでにツールを導入しているが推進していない企業に対して、課題解決をサポートしていきたいと考えています。

その過程で、私たちも技術力・ノウハウを蓄えていき、将来的には『最強の自動化集団』を作りたいと考えています。

RPAからはみ出して仕事をPLAYする

忘年会の様子
忘年会の様子

実際の社員の声

——実際にPLAYで働いている方から見た会社の雰囲気について教えてください。

とにかく楽しいですね。」

真面目に仕事をしていると思ったら、急に遊び出したりすることもあります(笑)

でも仕事をする時はしっかりするので、オンオフの切り替えはすごくよくできていると思います。

大変な時はありますけど、ある程度の緩さは継続されているので変に緊迫しすぎることもないです。

あと、これはスタートアップあるあるだと思うんですけど一人一人の裁量権はすごく大きいですね。

風通しもすごくいいので、個人が意見を言いやすい雰囲気があります。

——では、一緒に働くとしたらどのような人がいたら良いと考えていますか。

考えることが好きだったり、戦略を立てることができる人がいいですね。

後は、あんまり真面目すぎないで、独特の緩さがあったりする方がうちの会社には合っていると思います。

そもそも、自動化に興味がある人って既存の業務に含まれている無駄な部分を理解していて、それを頑張りすぎることに対して違和感を感じている人が大半なんですよね。

だから昔ながらの根性論を潰しにかかりたい人とかは、ピッタシですね。

特に、考え方が若い人には合っていると思います。

——以上の内容を踏まえて、貴社にはどのような人材が合っていると考えていますか?

RPAからはみ出していきたいと考えている人は特に合っていると思います。

RPA開発者って高度なことやっている上、実質的に何百人単位の仕事をこなしているにも関わらず、社内での評価に繋がらないんですよね。

それは、これからも変わらないと思います。

それに、先ほども言いましたがRPAだけで業務全体の自動化を行うことは無理です。

しかし、RPAを導入した経験というのは絶対役に立つんですよ。

ボトルネックを見て何を使えばいいかを判断して、適切なエンジンを投げることができる人が入ってくることは、企業の課題を解決する上ですごく大きな力になります。

やっぱり、組織の業務フローを見られるようになるのが一番だと思っているので。

「現在所属している会社で磨いたRPAのスキル、業務を見る力をもっと活用していきたい。」

そんな方は、業務コンサルをできるだけの力があると思います。

そういう人たちを集めたいですね。

会社でRPAの経験を積んで業務を見ることができるようになった、会社ではこの能力使わないけど勿体無いし、もっとスキルアップしたい人。

そうでなくても、RPAをユーザー側で経験していたけどRPAの限界を感じた人、RPAだけではダメだと感じた人は歓迎します。

そういう人たちと一緒にRPAに固執せず日本の自動化を進めていって、仕事をPLAYしていきたいですね。

PLAY株式会社の採用・求人募集8件を掲載中。職種や採用形態からあなたにあった募集を見つけることができます。募集では「ど…

>「RPATIMES」へのお問い合わせ

「RPATIMES」へのお問い合わせ

タイアップ記事を投稿してほしい。 インタビューを受けたい。 プレスリリースを送付したい。などのご意見・ご要望がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

CTR IMG