デジタルレイバー

【最新版】デジタルレイバー(digital labor)とは?RPAとの違いからその事例まで徹底解説!

デジタルレイバー

現在、RPAが多くの企業で導入され業務効率化に一役買っています。

特にメガバンクが先陣を切って導入し大幅な業務時間の削減に成功した例は非常に有名です。

RPAが世間的に認知されるにつれてRPAについて記載されたメディアも増えてきたわけですが、その中で「デジタルレイバー」という単語を目にした人も多いのはないでしょうか。

デジタルレイバーは、RPAなどを説明するに当たって必要な言葉ではありますが、その意味についてよく理解できていない方も多いと思います。

そこで、今回はデジタルレイバーに焦点を当てて解説をしていきます。

当メディアにはRPAについて詳しく解説した記事もあるため、先にRPAについて詳しく知りたいと考えられた方は以下の記事も是非ご覧になってください。

関連記事

少子高齢化による人員不足により職場の生産性アップが叫ばれる現代、満を持して現れた業務自動化ツール「RPA」。 RPA導入の波は、大企業だけではなく中小企業にも広がっており、21世紀の働き方を大きく変えることになるでしょう。 我[…]

RPAとはの写真

デジタルレイバーとは

デジタルレイバー(digital labor)とは、「仮想知的労働者」のことを指します。

しかし、労働者といっても人間ではなく定型作業を自動でこなしてくれるロボットのことを指します。

例えば経費登録作業、メールの送信作業といったバックオフィスの作業を自動で実行してくれます。

ロボットとはいっても基本的にはPC上に作成された業務自動化フローを指すため、「Pepper君」のように物体として存在している訳ではありません。

人間とデジタルレイバーの違い

上図のように、人間とデジタルレイバーは得意としている分野が異なっています。

そのため、両者を適切に配置することでより効率的な業務の推進が可能になります。

具体的にはデジタルレイバーを有効活用することで社員は単純作業から解放され、企画や戦略といったより創造的な業務に注力することができます。

デジタルレイバーとRPAの違い

デジタルレイバーはRPAという言葉と共に使われることが多いです。

そのため、両者を混同して考えてしまうことも多く、実際デジタルレイバー (RPA)のように、RPAをデジタルレイバーの言い換えとして説明されることも多いです。

確かに両者は類似した概念ではありますが、デジタルレイバーは労働者であるのに対して、RPAは労働力をロボットによって代替する技術を指します。

そのため、RPAによって生み出されたものがデジタルレイバーと捉える方が適しています。

デジタルレイバーとRPAの違い

デジタルレイバーにさせるべき仕事

デジタルレイバーは人間があらかじめ設計したフローに基づいて作業を行うため、基本的に例外が発生しない定型業務をこなすことに非常に向いています。

具体的には

  • メールの送受信
  • Web上のデータ取得
  • 給与管理
  • 伝票整理
  • 予算管理

などの、バックオフィスを中心とした業務には非常に効果を発揮します。

しかし、エラーなどあらかじめ設計されていない事態が発生した場合はデジタルレイバーだけでは対応ができないため人間のフォローが必要となります。

そのため、デジタルレイバーに仕事を任せた場合でも想定外の事態に備えて人間がフォローできる体制を整えておく必要があります。

デジタルレイバーの導入事例

デジタルレイバーはメガバンクをはじめ、大企業ではほとんど導入されています。

ここではその一例を紹介していきます。

また、業界ごとの導入事例についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてもいいでしょう。

関連記事

現在、業務効率化の手段としてRPAが大きな話題となっています。 単純作業を人間の代わりに行ってくれるため、人間はより生産的な業務を集中して行うことができ、社員のモチベーションの向上にも繋がります。 このようなことはよく言われて[…]

【商社】三井物産

三井物産は「攻めのIT経営」と称して、全社的にAIやloTを活用した業務改革を行なっています。

その一環として煩雑化していた定型業務の自動化を行うべく、2017年1月からRPAの導入トライアルを開始しました。

導入の際も、導入希望の部署にデジタルレイバーの導入適正があるかを判断するためのフローを作成し、不要なデジタルレイバーが発生しないような仕組みを作成しました。

また、RPAだけに頼らずExcelマクロや手作業も使い分けることで社内でより効率的に業務をこなせるような体制を構築しました。

このような改革の結果、年間130時間もかけていた入力業務を30時間に削減することに成功しました。

また、デジタルレイバーの作業時間等も考慮した業務遂行も可能になったため働き方改革にも繋がるという副次的な効果も生まれました。

NTTデータ公式サイト

入力作業が年間130時間から30時間に短縮 定型作業のRPA化で“攻めのIT経営”を実践…

【製造業】サッポロビール

サッポロビールでは、小売業者から提示されるPOSデータをダウンロードし営業活動や製品開発に利用していました。

しかし、POSデータのダウンロードは毎週行なっており長時間の作業によるミスが発生していたことが問題となっていました。

そこで、同社ではこのような作業の自動化を図って2016年にRPAの導入を行いました。

導入した結果、1企業あたり20〜30分ほどかかることもあったPOSシステムのダウンロードを自動化することに成功し、5700時間の労働時間の削減、年間1100万円のコスト削減を実現しました。

【金融】三菱UFJ銀行

金融業界は元々定型作業の多い業界であり、他業界に先駆けてRPAの導入を進めてきた業界です。

その中で、メガバンクの1つでもある三菱UFJ銀行ではRPAという言葉が存在する前から自動化を行なっており、2014年にパイロットプロジェクトを開始しました。

パイロットプロジェクトでは融資センターでの住宅ローン団体信用保険申告書の点検作業を自動化し、2500時間の業務削減を達成したことから2015年春にRPAの本格導入を行いました。

特に、従来では熟練の技術が必要とされていたコンプライアンス部門でのRPA導入により同部門の業務の約6〜7割を自動化することに成功しました。

他部門も含めると、同行では約20業務で累計2万時間の業務時間削減を実現しています。

同行では、今後海外を拠点とする業務効率化も進めていく方針を定めています。

MUFG Innovatin Hub

三菱東京UFJ銀行は昨今注目が集まるRPA(Robotic Process Automation)にいち早く着目し、業務…

【自治体】奈良市役所

各自治体では、将来的に高齢者増加による業務量の増大及び財政的背景に由来する自治体職員の減少という問題を抱えており、業務の効率化が必要不可欠の事項となっています。

国も自治体へのRPA導入支援を行なっており、RPAの導入実験を行う自治体が近年増加しています。

奈良市役所も同様であり、同市ではRPAの実証実験として多くの部署で発生する業務である会計や資料集計などの計5業務を対象に自動化を行いました。

その結果、業務によっては約80%の業務時間短縮を実現するなど大幅な業務の効率化を達成しました。

それに加え、RPAの活用を前提とした業務の進め方により全体的な業務の標準化も進むといった副次的な効果も生まれました。

自治体通信Online

 みなさんは、「RPA」という語をご存じだろうか。RoboticProcessAutomationの略語であり、「デジタ…

【インフラ】 東京ガス

東京ガスでは、エネルギーの自由化による他社との競合の激化により更なる競争力をつける必要がありました。

その中でITを利用した業務効率の向上を図り2017年にRPAの導入を行い、社内システムへの登録業務や顧客への明細報告書作成業務の自動化を行いました。

同社はRPAの導入にあたり、より効率的な業務改革を目指して紙の申込書の登録作業などにおいては全ての業務をRPAに任せるのではなくRPAと人間の力を組み合わせるという手法を取りました。

こうした工夫の結果、バックオフィス業務を年間約270時間削減することに成功しました。

東京ガス様におけるRPAツール「WinActor(ウィンアクター)」の導入事例・導入効果をご紹介いたします。…

【不動産】レオパレス21

レオパレス21では、システムへのデータ入力及び出力、また集計業務に月間約1612時間も費やしていました。

将来的な人口減少が避けられない現代において、同社では業務改革による事務作業の削減によるワークライフバランスの実現を推進することが求められていました。

そこで、同社では業務自動化の手段としてRPAを導入し、本社の8業務に適用して業務の自動化、及び効率化を図りました。

その結果、RPA化した業務において73.1%の自動化を達成しました。

同社では今後もRPA化を推進していき、RPA化が見込める356業務を対象に検証を行うなどして月間1000時間の業務時間削減を目指す方針です。

株式会社レオパレス21

デジタルレイバープラットフォームによる統合的な自動化

現在のデジタルレイバーは、メールの送受信・Web上の情報収集の自動化というように分断的な作業の自動化という面が強いです。

しかし、RPAはあくまでPC上の定型作業の自動化しかできず業務全体を横断する統合的な自動化を実現することはできません。

そのため、最新テクノロジーと連携して業務全体の自動化を進めていくことが目指されます。

例えば、紙媒体による業務が残っている企業ではOCRと連携することで効率化が進み、将来的にはAIと連携することで非定型業務を含めた自動化も可能になります。

このような統合的な自動化を実現するためには、最新テクノロジーと業務をスムーズに連結するためのデジタルレイバープラットフォームが必要です。

デジタルレイバープラットフォーム
出典:RPAで目指すデジタルレイバー戦略 直面する5つのポイントとは

上図のように、プラットフォームをベースに多くのデジタルテクノロジーの中から最適なものを柔軟に組み合わせることで、経営戦略を実現し企業価値を最大化することができます。

このプラットフォームを介することでユーザーは今必要としているサービスを自由に接続し、利用することができるようになります。

RPAはこのプラットフォームのベースを担う存在として業務とテクノロジーを連携することが求められています。

デジタルレイバープラットフォームの活用により自動化の範囲が大幅に広がり、全社的な業務改革が加速していくと考えられています。

デジタルレイバーステーションの登場

RPAは多くの企業で導入されており、業務削減に大いに貢献していることは事実ですが、中にはうまく運用できず野良ロボットと化してしまう場合もあることもまた事実です。

このようになってしまうことにはいくつか理由がありますが、そのうちの1つとしてRPAロボットの管理の難しさという点が挙げられます。

デジタルレイバー管理の難しさ

RPAの数が増えてしまうとそれだけ管理も難しくなり、また社内のRPA利害関係者間の調整という業務も発生するため、導入の規模が大きくなればそれだけしっかりとした管理体制の構築が求められます。

その中で、複数のRPAツールを一元的に管理することができるクラウド型管理ツールである「デジタルレイバーステーション」が日商エレクトロニクス株式会社により提供されました。

同製品の特徴は以下のようになります。

出典:日商エレクトロニクス

RPA製品との連携やRPA利害関係者間のコミュニケーションを全て一元化することにより、デジタルレイバーの管理が非常に楽になります。

価格は5万円/月を予定していますが、2019年の12月31日まではトライアル期間のため無料で利用することができます。

デジタルレイバーの運用に課題を抱えている方は以下のサイトを是非ご覧ください。

デジタルレイバーステーションとは、企業におけるデジタルレイバー活用を促進するため、日本で初めて複数のRPA製品を一元管理…

デジタルレイバーが当たり前になる時代に

今回はデジタルレイバーという言葉について解説をしてきました。

日本は世界と比較してもAI後進国であるため、まだ職場にデジタルレイバーが当たり前のようにあるという光景をはっきり想像することができないかもしれません。

しかし、今後国内でも自動化が促進されていくにつれてデジタルレイバーの存在は当たり前のようになり、人間が行う業務が大きく変わることも考えられます。

前述したデジタルレイバープラットフォームを介してRPA、OCR、AIが当たり前のように利用される日もそう遠くはないかもしれません。

デジタルレイバー
最新情報をチェックしよう!
>「RPATIMES」へのお問い合わせ

「RPATIMES」へのお問い合わせ

タイアップ記事を投稿してほしい。 インタビューを受けたい。 プレスリリースを送付したい。などのご意見・ご要望がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

CTR IMG