Automation AnyWhere

大型アップデートを発表!!~Automation Anywhere A2019~

Automation AnyWhere

本日2019年10月4日、Automation Anywhereより「Automation anywhere Enterprise A 2019」の発表が行われた。

オンプレミス型で開発難易度の高いことで知られるAutomation Anywhereがどのような変化を遂げたのか。

現在Automation Anywhereを利用している方、これからAutomation Anywhereを利用しようと考えている方、ぜひ参考にしていただきたい。

クラウドベースでより使いやすく

開発環境が従来とは大きく異なり、Webブラウザへと大きく変更になっている。

そのため、開発環境のインストールをPCに行う必要がない。

実行環境のインストーラーサイズも従来の1/7になっており、必要なコマンドに応じてパッケージを自動的にダウンロードする形になっている。

展開場所についても、既存のオンプレミスだけでなく、AWSやazureのようなクラウドプラットフォームを利用することができる。

加えて、Automation Anywhereの提供するRPA as a service(SaaS型)の利用によってアジリティの高い展開が可能となっている。

また、開発環境がWeb上なため世界中のあらゆるデバイスからログインしてBotの作成を行うことができるようになった。

デジタルワークフォースプラットフォーム

インテリジェントデジタルワークフォースプラットフォームとは、Automation Anywhere社の提供するワンプラットフォームである。

Automation Anywhere enterprise

上記画像の1番下の部分になり、RPAのコアのプラットフォームとなる。

一番左のControl Roomでは従来のオンプレミスのサーバー上だけでなく、クラウド上でのBotの管理や監査、スケジュールという様々なコントロールを担うコンポーネントだ。

そして、Bot RunnnerがBotの実行環境であり、Bot Createrが開発環境となる。

最後にAttended Botがインタラクティブ型で仮想アシスタントに対して実行を及ぼすものであり、Unattended Botは非インタラクティブ型で、人間の介入なしに事前に定められたタスクを実行するものである。

IQ Bot、Bot Insight、モバイルアプリ

続いて中段の3つだ。

これは前述のコアプラットフォームだけでは完結させるのが困難な否定形業務等の作業を行うためのものとなる。

まずはIQ Botだが、様々な情報からAIのテクノロジーを利用して認知分類をし、RPAに受け渡しを行うコグニティブなエンジンである。

次にBot Insightだが、企業がどれだけRPAで効果を出しているかをリアルタイムで可視化するアナリティクスエンジンになる。

最後にモバイルアプリだが、現在のBotの稼働状態やスケジュールなどの様々な情報をスマートフォンやタブレットから確認できるようになる。

Bot Store

様々なBotやデジタルワーカーなどを提供するマーケットプレイスだ。

ただ単純にBotを作成するだけでなく、マーケットプレイスからダウンロードしたデジタルワーカ―等を利用することでアジリティの高い作成が可能になる。

すでにダウンロードできるデジタルワーカ―やBotの数は600近くに上り、業界でも最大規模だ。

フローチャート式の開発しやすいUI

今回のアップデートに伴ってUIも一新されている。

従来と違いフローチャートでシナリオを組んでいく分かりやすいUIとなっている。

加えて、初めての人でも容易に開発ができるよう、製品内でシナリオ構築の仕方を丁寧に解説をしてくれるため、経験のない方でも問題なく作成ができるようになった。

従来の作成難易度が高いツールとしてのイメージとは180度違う、開発のしやすいツールとなったといえるだろう。

今回の発表に合わせてCommunity Editionも日本でリリースされているため、気になる方はぜひ一度試してみてはいかがだろうか。

もちろん、これまで通りの高い性能も損なわれることなく進化を遂げており、高いパフォーマンスが要求される場合もAutomation Anywhereは問題なくクリアできるようになっている。

下に開発イメージ動画を貼っておくので気になる方は確認していただくとわかりやすいかもしれない。

パフォーマンスと使いやすさを両立したツールに進化

いかがだろうか。

今回の発表は今までのAuotomation Anywhereのイメージを大きく変えるものとなった。

UIは他のツールに勝るとも劣らない使いやすさになっており、性能もRPAツールトップクラスといえる。

価格だけは非公表ということで気になるところだが、ライセンス体系と価格によっては日本でのシェア率が大きく伸びることもあるかもしれない。

今後の展開に期待したい。

Automation AnyWhere
最新情報をチェックしよう!
>「RPATIMES」へのお問い合わせ

「RPATIMES」へのお問い合わせ

タイアップ記事を投稿してほしい。 インタビューを受けたい。 プレスリリースを送付したい。などのご意見・ご要望がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

CTR IMG