アビームコンサルティングとRPAの写真

アビームコンサルティング のRPA導入支援サービスとは?その内容を事例を踏まえて解説

アビームコンサルティングとRPAの写真

RPAで業務の効率化を図ろうと考える人の人数は、ますます増えています。

それに伴って、RPAのシステムだけでなく、その導入や、効果的な利用についての支援をサービスとして提供する企業も増えてきています。

そこで今回は、そのような付加価値を提供する企業の例として、アビームコンサルティング にフォーカスして、そのサービスの特徴や利点、その導入企業を紹介していきたいと思います

アビームコンサルティング について

アビームコンサルティング は、デロイトトーマツから独立をした、戦略・経営・業務・ITコンサルティングを行う総合コンサルティングファームです。

名前を聞くと外資系なのかなとも思いがちですが、日系のファームで、日本企業と外資系企業の、それそれの文化が調和した社風の会社で、日本企業のグローバル展開の支援プロジェクトなどに多くの実績を持っています

そして、アビームコンサルティング 会社は、近年AIやRPAなどのテクノロジーと関連した業務にも大きく注力しています。

アビームコンサルティング とRPA

第4次産業革命

アビームコンサルティング は、現代を”第4次産業革命”の時であると捉えています。

彼らの考える第4次産業革命とは、人とデジタルの共存

つまり、人の認識や学習をデジタルがサポートすることによって、生活環境がガラッと変わるとともに、ビジネスモデルも大幅に短縮化されます。

そして結果的に、デジタルによる新市場の登場と、既存市場の破壊が起こるのです。

このような現状を踏まえて、アビームコンサルティング は、顧客やパートナーだけでなく、消費者なども含んだ多くの人たちとつながりを持ち、産業の枠を超えて、”新時代の価値”を創出するべく、ビジネスモデルや組織改革をすることを重要視しています。

RPAの可能性

以上のような現状に対する捉え方と、今後のビジネスの方針を掲げるアビームコンサルティング とって、RPAはそれを体現するぴったりのツールでした。

RPA は、これまで人が行ってきた定型常務を自動化してくれるツールです。そのため、RPAは従来のビジネスモデルを一新する可能性を秘めているツールであって、削減された時間を新たな生産活動に当てることで、新時代の価値を追求することをも可能にしてくれます。

RPAに強い興味を持ったアビームコンサルティング では、導入の支援はもちろんのこと、本などの出版も行っています

RPAの真髄

本の内容としてはRPAに関しての基本的な知識はもちろんのこと、その導入事例や、RPAの今後の可能性についても書かれています。

そして、これから書きますが、それぞれの企業が業務の削減に成功し、さらにそれを早期のうちから結果を出すことに成功したということが書かれています。

興味があれば是非手にとってみてください。

RPAを成功させるカギ

RPAを社内に導入することは簡単なことではありません。

適切な管理をしなくては野良ロボットが発生して誤作動やセキュリティ問題につながる一方、ルールを厳しくしすぎるとロボットの開発が進まず、RPAの効果が半減してしまいます。

さらに、RPAを導入する業務の選定を間違えれば、かえって手間を増やしてしまうという結果になることもありえます。

しかし、会社ごとに業務内容やフローが異なってくるため、RPA運用の正解と呼べるものはなく、各社悩みながらPDCAを回しているのが現状。

そんな悩みを解決してくれるのがRPAの導入支援サービスだ、というわけです。

導入支援サービス

アビームコンサルティング では、RPAの開発を行っているわけではありません。その導入支援サービスを行っています。

では導入サービスとして、それぞれの段階でどのようなことを行っているのか、それが有益な理由も確認しつつ、紹介していきたいと思います。

簡易効果診断

アビームコンサルティング では、RPAの導入方法に関して、様々なアプローチでそれを検証してくれます

具体的に内容を挙げれば、

  • トライアル導入対象業務の洗い出し
  • ロボット化可否の簡易判定
  • 削減工数・開発概算費用の算定

などです。

このプロセスの中で、重要なことは対象業務の選定と工数削減について、経験豊富な専門家からアドバイスを受けることができるという点です。

RPA導入を考えた際にどのような業務を自動化できるのかということが、一番の問題です。RPAは一般的に定型業務そ自動化することができると言われていますが、全ての会社が同じ定型業務をしているということはありえません。

自社が導入する際にはどのような業務がそれらに当たるのか。また実際に定型化することによって、どれほどの効果を得ることができそうなのか。ということを自力で算定することは非常に難しいですし、根拠を持たせることが難しいです。

そのため、対象業務を選定してもらい、それによってどの程度の効果が見込まれるのかを、専門的な見地から分析してもらうことができるのは大変有益であると考えられます。

トライアル導入

簡易効果診断が終わると、トライアル導入を行います。ここでは、ロボットを2〜3台導入してみて

  • 対象業務の詳細を把握
  • 要件定義
  • 開発・導入
  • それぞれの検証

などを行っていきます。

通常自力での導入を考えた場合、ロボットのクオリティは、どうしても低くなってしまいます。そして、クオリティが低かったり、対象とする業務との相性が悪い業務を自動化させてしまっていた場合、その効果を適切に判断することは非常に難しいです

ここでも、経験や、他社での導入事例を豊富に持っている人からの支援を得つつ、本格的な導入を検討することができるのは、その後大きな効果を生むことにつながります

本格導入

いよいよ本格的な導入を行います。これまでの診断や、トライアルの結果を参考にしつつ、

  • ロボット化対象業務の特定
  • 運用体制の構築
  • 運用・保守ルールの策定

をします。

ここで注目しておきたいのが、運用・保守ルールの策定を行ってくれるという点です。RPAの導入を成功させられるかどうかというのが、この運用・保守ルールの策定に大きくかかっているのです。

RPAを導入するとなった場合に、ひたすら業務を自動化するということは、効果が出にくいのに加え、非常に危険でもあります。

RPAは、様々な業務を自動化できる半面、機密的な情報を扱うことも出てきますので、ロボットをいかに管理するかが非常に重要になってきます。

そして、その運用は、失敗してからでは取り返しがつかないという場合もありますので、運用に関して、適切な制限を加えるルールの策定が重要になってきます

この点に関しても、様々な企業での導入経験をもとに、ルール策定のアドバイスをもらえるというのは、効果的かつ安全に導入を拡大していく上で、大きな助けになります。

導入事例

では、アビームコンサルティング の導入サービスを受けて、RPAの導入を成功させた企業にどんな企業があるのか、対象業務に注意しつつ紹介していきます。

西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)

JR西日本は、アビームコンサルティング と協力して、安全マネジメント統合システムの構築を行いました。

安全マネジメント統合システムとは、簡単にいえば、これまで取集してきた様々な事故予防に役立つデータを集計して、情報を社内で共有できるようなシステムのことです。

この時問題となったのは、データに関して、膨大な数は集まっていたものの、その様式がバラバラであったということ、それらのデータに関して、適切な分析を行う必要があるということでした。

これらの課題に対して、アビームコンサルティング の多次元解析ツール『HyperCube』を使い、適切な分析を行ってシステムを構築しました。そして、そのアプローチも、学問的な統計や分析の手法にも配慮しながらも、現場を優先したものであったので、”生きたデータ”としての価値をそのままにシステムに組み込むことに成功しました

JR西日本の事例では、20万件以上にものぼる膨大なデータを、列車を安全に運行するのに必要なデータを抽出できるシステムを構築することで、有益なものとし、実際に役立たせています。

ABeam Consulting Ltd.

多次元解析ツール『HyperCube』を活用した、20万件以上に及ぶリスクアセスメント全情報の共有と分析を可能とする安全…

三菱重工

三菱重工業は、RPAによって定型業務の自動化を大幅に押しすすめました。

そして、ただ単に自動化を進めただけでなく、それらの工数を削減するとともに、非体系業務に関しても、その業務負荷のピークをカットすることとを行いました。

具体的には、定型業務の75%をロボットによって自動化したり、非定型業務についても、部分的に10~20%の自動化をすることでその負担を軽減することを試みました。

これらの計画の中で特に重視したのは、自動化を進める際に、業務プロセスを可視化するということでした。

なぜなら、単に自動化をしただけでは、RPA自体が目的となってしまい、非効率な業務がその後も継続されることにつながりかねないからです。

そのため、業務プロセスを簡略化・標準化して、最後にロボットに代行させることで、本来の目的である”効率化”を完全に達成することが可能になりました

このような導入を成功に導く、導入支援サービスの強みは、短期間で自動化を達成できるということと、人間をより付加価値の高い業務に集中させるための意識改革をすることができるということだと言えます。

まとめ

ここまでアビームコンサルティング のRPA導入サービスについてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

アビームコンサルティング はRPAを作っている会社ではなく、あくまで導入のサポートを支援する会社です。しかし、支援をするにあたっては、これまでの経験則から最適な導入方法を提案してくれることは間違いなさそうです。

導入にあたっては、やはり対象となる業務が会社ごとに違っていたり、その土台となっている社風に、効果が影響されることは間違いありませんので、より短期的・効果的に導入を成功させ、効果を感じたいのであれば、是非ともコンサルティングサービスの利用をお勧めしたいと思います

今回はアビームコンサルティングのご紹介を行いましたが、その他のRPA導入支援を行っている企業についてはこちらをご確認してみてはいかがでしょうか。

関連記事

「働き方改革」が強く叫ばれる現在、RPAの導入を検討している企業はどんどん増えています。 大手コンサルティングファームもRPA活用に関するコンサルティングを手掛けるようになってきました。 この記事では、RPAのコンサルティ[…]

アビームコンサルティングとRPAの写真
最新情報をチェックしよう!
>「RPATIMES」へのお問い合わせ

「RPATIMES」へのお問い合わせ

タイアップ記事を投稿してほしい。 インタビューを受けたい。 プレスリリースを送付したい。などのご意見・ご要望がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

CTR IMG