AI-OCRとRPA

【必見】AI-OCRとは?RPAとの連携から導入事例まで詳しく解説!

AI-OCRとRPA

現在、業務改善の手段としてRPAが注目を集めています。

そのRPAとともに最近大きな注目を浴びているのがOCRと呼ばれる技術です。

OCRと言う単語はよく聞くものの、実際どのようなものなのかと言うことをしっかりと認識している人は意外と少ないのではないでしょうか。

そこで、今回はOCRについて注目されている理由や活用方法などを解説していきたいと思います。

OCRとは?

OCRとは「Optical Character Recognition/Reader」の略で、日本語では「光学文字認識」と呼ばれます。

その名前からも分かるように、OCRとは手書きや印刷された文字を読み取ることでExcelやWordといったコンピューターで利用できる文字に変換する技術のことです。

昔とは違い、現在の世の中では多くの書類や文書がデジタル化されており、紙媒体のものは減ってきています。

しかしながら、手書きでのアンケートなど現在でも紙媒体の書類が欠かせないものであることも事実です。

そのため、紙媒体のものを人による入力作業を必要とせず自動でデジタル化してくれるOCRは紙媒体の多い職場で非常に重宝されています。

ここで注意したいのは、OCRはあくまで文字を読み取る「技術」を指すと言うことです。

実際に文字を認識してデジタル化するためには、OCRソフトを利用する必要があります。

なぜ今OCRが注目を集めているのか

OCRは最近できた技術というわけではなく、以前から存在していました。

しかし、最近になって再脚光を浴びています。

それには、RPAの急成長という背景が大きく関係しています。

RPAとOCRの連携

RPAは定型業務の自動化に非常に有効であり、実際金融機関をはじめ多くの企業で導入され成果をあげています。

しかし、RPAはパソコン上で作動するため紙媒体の情報をパソコン上に打ち込む作業などは手作業でする必要があるため、RPAだけでは完全な自動化を達成することはなかなか難しいです。

そこにOCRが活躍できる余地があります。

OCRにより紙媒体の書類を自動でパソコン上に読み取った後、RPAが与えられた業務を行うという流れを踏むことでより自動化できる幅が広がります。

そのため、OCRは現在非常に注目されているのです。

RPA×OCRによる自動化

OCRとRPAの連携については、こちらの動画にて実際の様子が紹介されているので気になった方は見てみるといいでしょう。

AI−OCR、FAX−OCRの成長

OCRの中でも、AI機能を備えたAI−OCRやFAXとの連携が可能になったFAX−OCRというものが成長をしてきています。

そこで、これらが一体どのようなものであるかということを解説していきます。

AI-OCR

近年、従来のOCRに加えてAIの要素を取り入れたAI-OCRに関心が高まっています。

従来のOCRは精度の向上などのためには大幅なバージョンアップが必要であったり、非定型のフォーマットには対応できていないなど多くの課題が残っていました。

しかし、OCRにAIを搭載することでデータの蓄積により学習することが可能になったため常に精度を向上させることができるようになりました。

また、自動でテンプレートを識別することで非定型フォーマットにも対応できるようになり、読み込む文字が配置された座標の設定も不要になりました。

そのため、OCRだけでは自動できなかった部分まで自動化することが可能になりました。

更に、RPAツールの『WinActor』を提供している株式会社NTTデータはAI-OCRの『DX Suite』を提供しているAI inside株式会社と業務提携を行うなどRPAとの連携も進んでいます。

FAX−OCR

FAX−OCRはFAXで受け取った受注書などをそのままOCRによってテキスト化することが可能になったものです。

現代の社会ではインターネットによる受注が主流ではありますが、FAXによる受注も一定数存在しています。

そのため、従来であればFAXで受け取った受注書を人の手で入力していましたがそれが不要になるため大幅な業務改善に繋がります。

それだけではなく、人的ミスも削減でき、更に24時間365日の受注も容易になるため売上向上も期待できます。

OCRの注意点

確かにOCRは自動でテキスト化が可能であるため業務効率化に非常に有効な技術ですが、当然なんでもできるというわけではありません。

そこで、OCRを利用するに当たって注意しておきたい点をいくつか紹介していきます。

複数帳票への対応は不可

一般的なOCRでは、それぞれ読み取る書類やフォーマットに合わせてデータを抽出する位置を定義する必要があります。

しかし、取引先が複数になるとフォーマットが統一されていない場合も多いです。

そのため、異なるフォーマットに合わせてそれぞれ座標を正確に定義する必要がありますが、実際には非常に困難です。

一部例外的に複数フォーマットの書類にも対応しているものもありますが、一般的なOCRは対応していないものがほとんどであるため、注意が必要です。

文字抽出後の確認作業が必須

AI−OCRのように機械学習が可能になると手書き文字認識も可能ですが、一般的なOCRでは不鮮明な文字のフォーマットを認識することはとても難しいです。

また、機会である以上OCRは万能とは言えないため、予期せぬエラーが発生する可能性も十分あります。

そのため、文字抽出後に人の手でミスや漏れなく抽出ができているかを確認する作業は必須です。

実際の導入事例

OCR導入例−キャノンシステムアンドサポート株式会社

キャノンシステムアンドサポート株式会社では、営業所から送られてくる注文書等の書類を業務センターで処理していました。

しかしながら、紙媒体の書類処理の確認作業を簡素化できる機能は基幹システムには存在せず、1日1200件にも及ぶ注文の確認作業を手作業で行っていました。

しかし、作業量が膨大であるため手作業ではどうしてもミスが発生してしまい、そのためミスを確認するための負荷も多いことが問題となっていました。

そこで、同社ではPanasonic株式会社が提供しているOCRソフトの「帳票OCR」を導入し、営業拠点から送られてきた伝票番号のテキスト化データの確認作業をOCRによって自動化することを試みました。

出典:帳票OCR 導入事例

データの確認作業は、基幹システムから出力した処理済みデータを伝票番号のCSVファイルと照合することで自動化を図りました。

その結果、確認作業のミスは0件となり、一連の作業時間も70%が削減されるという効果をあげました。

AI−OCR導入例−株式会社カクイックス

株式会社カクイックスは病院や施設向けのシーツを提供している企業で、近年はBtoB事業だけでなく病院の患者さんが直接申込を行うBtoBtoC事業にも注力しており業務を拡大させてきました。

しかし、業務が拡大するにつれ手書きの申込書も増加し、手作業で対応するには難しくなってきました。

そのため業務改善が急務であった同社では、操作の容易さと精度の高さからAI-OCRのTegakiを導入しました。

同社では、患者さんの手書き申込書をスキャナー等で読み込み本社でダウンロードした後、PDFファイルをJPGに変換するといった作業を経てTegakiにアップロードするという流れをとっています。

出典:Tegaki 導入事例

Tegakiの導入により、1施設当たり20〜30枚の申込書があった場合、約3分半程度で作業が完了するようになりました。

全体としては、申込書類の入力作業時間は22.2%を削減することができました。

RPA×OCR利用例−株式会社三菱UFJ銀行

金融機関や保険業界ではその業務の性質上早い段階からRPAの導入が行われていたこともあり、OCRとの連携も実際に行われています。

その代表的な例の一つが株式会社三菱UFJ銀行です。

同社ではまだRPAが広く知られていなかった2014年にRPAのパイロットプロジェクトを開始し、住宅ローンの団体信用保険申告書の点検業務を対象としました。

その中でも、保険会社へ提出する書類の確認作業住宅ローン明細の突合作業の自動化に取り組んでいました。

自動化のプロセスとしては、申込書をスキャンしたのちOCRでテキスト化、その後ロボットによる点検作業を行い結果をExcelに出力するという形を取りました。

三菱UFJ銀行 RPA×OCR 導入事例

このプロセスを踏むことにより、担当者に求められる作業は最後の出力に不備がないかを確認するだけになりました。

このパイロットプロジェクトだけでも約2500時間の業務時間削減を達成したため、同社では2015年から本格展開を開始、2017年時点では20業務2万時間の業務時間削減を達成しています。

OCRソフトのオススメ3選

ここまでOCRの基本的な情報から実際の導入事例、更にAI−OCRというようなOCRの発展形まで紹介してきました。

では、実際にOCRを利用する際に必要になってくるOCRソフトを3つ紹介します。

読取革命

読取革命はPanasonic社が提供しているOCRソフトです。

このOCRソフトの最大の特徴は読取精度が高いという点であり、印刷状態の悪い文字の認識精度の強化が行われてきました。

対応言語は日本語、英語、ギリシャ語の一部ですが、基本的に日本語に強いOCRソフトであるため外国語にはあまり強くありません。

価格は1万円弱と手の届きやすい価格設定となっており、個人でも法人でも利用可能です。

パナソニックの高精度OCRソフト「読取革命Ver.15」が新発売!紙文書やPDFを文字認識(OCR処理)して、編集可能な…

Readiris Pro14

Readiris Pro14はLogoVista社が提供しているOCRソフトです。

このOCRソフトは上記の読取革命とは異なり、外国語に強いということが特徴です。

対応言語は日本語、韓国語から英語、ヨーロッパの全言語にまで及び合計で130言語以上に対応しています。

また、Macにも対応しているという点も魅力の1つです。

価格は約6万円と少し高めですが、外国語を中心に利用するという方であれば個人でも利用しやすいソフトです。

翻訳ソフトはロゴヴィスタ株式会社。高精度翻訳ソフト「LogoVista」シリーズ及び「コリャ英和!」シリーズを紹介。英語…

DX suite

DX suiteはAI inside社が提供しているOCRソフトです。

このOCRソフトは上記2つのOCRソフトとは異なりAI機能を備えたAI−OCRであるという点が大きな特徴です。

そのため、機械学習が可能になり文字の切れ目やつなぎ目の認識が可能になりました。

価格は非公開であり、基本的には法人向けのOCRソフトです。

OCRを活用して業務効率化を

今回はOCRについて幅広く解説してきました。

OCRを利用することによって自動でテキスト化することが可能であるため、人手不足に悩まされている企業の方には非常に魅力的に映るのではないでしょうか。

また、近年OCRの他にもRPAやAIというような自動化技術の話題が絶えません。

それだけでなく、AI−OCRやIPA(RPA×AI)、RPA×OCRというようなこれらを掛け合わせた技術にも注目が集まっています。

これらの技術の発展により、近い将来好きな仕事を心から楽しむことができる時代が到来するかもしれません。

AI-OCRとRPA
最新情報をチェックしよう!
>「RPATIMES」へのお問い合わせ

「RPATIMES」へのお問い合わせ

タイアップ記事を投稿してほしい。 インタビューを受けたい。 プレスリリースを送付したい。などのご意見・ご要望がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

CTR IMG