iPaaSとは

iPaaS(integration Platform as a Service)とは?クラウド時代の統合ソリューションについて徹底解説します

iPaaSとは

「クラウドファースト」の時代となっている現代。

クラウドを活用したシステム構築は、どの業界・企業においても目指されています。

しかし、全てのシステムをクラウドに移行できるわけではなく、クラウドとオンプレミスの環境が混在してしまうこともしばしばです。

こういった課題に対応するために、情報連携が必要になってきます。

クラウド上のシステムとオンプレミスのシステム、あるいはクラウド同士を繋ぐことで、データを活用するために、iPaaSは活用されています。

この記事では、iPaaSとは何か、どのような機能を有するのかなど、iPaaSについての基礎を解説していきます。

iPaaSとは

iPaaSは、integration Platform-as-a-Serviceの略で、クラウド統合プラットフォームと呼ばれています。

Gartner社では、iPaaSを次のように定義しています。

iPaaS is a suite of cloud services enabling development, execution and governance of integration flows connecting any combination of on premises and cloud-based processes, services, applications and data within individual or across multiple organizations.

Garter社より

『iPaaSとは、個々の組織内または複数の組織内のオンプレミスとクラウドベースのプロセス・サービス・アプリケーション・データの任意の組み合わせを結びつける統合フローの開発・実行・管理を可能にする一連のクラウドサービスである。』

また、MuleSoftはこれを、『iPaaSはクラウド内およびクラウドと企業間の統合を構築し、展開するためのプラットフォームである』と説明しています。

平たく言えば、iPaaSとはクラウドデータとアプリケーションのホスティング、開発、統合のための管理ソリューションです。

iPaaSは、インフラストラクチャやデータウェアハウスからアプリケーション設計、DevOpsに至るまで、あらゆるものを提供する能力を備えています。

クラウドが広く利用されるようになった現代において、iPaaSを使えば、データ・アプリケーション・セキュリティ・ビジネスコンプライアンスの統合を大幅に簡素化することができるかもしれません。

iPaaSが台頭してきた背景

iPaaSの発展には、クラウドサービスの急激な進展と普及によって、統合が極めて複雑になってきたという背景があります。

IT部門だけでもこの統合を管理することは可能です。

しかし、ハードウェアやミドルウェアに対して大きな工数を割かなくてはならず、また時間もかかるようになったため、iPaaSプロバイダを利用する方が効率的であると言えます。

またiPaaSは、IT部門がしばしば抱えている、複数のクラウドサービスとオンプレミスサービスを安全かつ確実に統合するという課題を解決するためのソリューションであると言えます。

IT部門は、iPaaSを利用することで、複数のクラウドサービスとオンプレミスサービスを簡単に統合して展開することができるようになります。

iPaaSはニーズに合わせてカスタムすることができ、リアルタイムでの統合をサポートする機能を持ちます。

また、一貫した統合が可能なので、新サービスを導入するたびにその統合にコストと工数を割く必要がなくなり、複雑な処理からも解放されます。

全てのプラットフォームが一元的に管理されるので、統合のための時間と工数、コストを削減することができます。

iPaaSの活用方法

多くのiPaaSには、データ連携時に用いられる機能(データ加工や暗号処理、IF等)が標準で備わっており、データのアップロード先としてiPaaSを経由することでデータ解析に最適なフォーマットに加工することが可能となります。

この結果、オンプレミスのシステム改修を行わなくとも、連携が容易となります。

包括的な情報連携

アプリケーションをクラウドに移行させる際、システム同士の接続が問題となります。

APIを用いれば連携は難しくありませんが、基幹システムと接続する際には、基幹システムへのアドオン追加やデータ受け渡しのプログラム開発などを要します。

また、システム全体をシームレスにデータ連携するのは難しいという問題もあります。

iPaaSを用いれば、クラウドとオンプレミスのシステムを包括的に連携させる統合プラットフォームを使うことができ、アダプターを用いてプロフラムレスでシステムをつなぐことができます。

また、システムを個別に接続するのではなくiPaaSプラットフォームに接続するので、シームレスなデータ連携やシステム更新への柔軟な対応も可能になります。

データ伝送機能やデータ連携機能

オンプレミスにあったシステムをクラウドに移行するためには、データの移行が必要になります。

特にERPなどの基幹システム等は大量のデータを蓄積しており、それらを移行する際には時間も手間もかかります。

また、移行先が新しいERPとなる場合などは、既存システムからデータを抽出してデータフォーマットを変換する必要が出てくる場合もあります。

また、それぞれのシステムが持つデータベース同士の連携やオンプレミス同士の連携も必要となるかもしれません。

iPaaSは、大容量のデータ伝送を可能としています。

また、別個のシステム間でデータを変換して連動させる、EDIやEAIの機能を実装しているものもあります。

こうしたデータ伝送機能やデータベース連携機能を用いることで、システム間のデータ連携が容易となります

また、詳しくは後述しますが、これらの機能はRPA導入の効果を高めることにも役立ちます。

データ管理ツールとの連携

クラウドに移行する目的の一つは、自在なデータ活用です。

クラウド上では、ビジネスインテリジェンスや人工知能など、多岐にわたるクラウドサービスが提供されています。

これらを活用することで、業務プロセスを高度化することができるようになるのです。

しかし実際には、クラウドにシステムを移行してもこれらのツールが使えない場合が存在します。

これまで述べてきたようなシステム連携・データ連携に加え、システムの変化に対応するデータベースやファイル管理システムなど、クラウド同士を連携する環境が整っていないことが原因です。

iPaaSを用い、クラウドサービス同士を連携することで、プログラムレスでクラウドサービス同士を簡単に連携できるようになり、上述したようなツールが使えるようになります。

iPaaSとESBの違い

iPaaSと同じくアプリケーションのコンポーネントを管理・共有するためのミドルウェアを提供するシステムに、ESB(Enterprise Service Bus)があります。

iPaaSはESBを基に構築されたシステムで、ESBでは不可能な機能を持っています

両者の違いは主に、よく統合されるシステムの種類、統合の複雑さのレベル、スケーラビリティにあります。

リモートホスティング

ESBは、ローカルデータやサービスとクラウドの間の中間層として機能するオンプレミスのソフトウェアアーキテクチャモデルです。

そのため、オンプレミスの設置面積が大きく、メッセージやドキュメントの古い標準は、メッセージやドキュメントの古い標準は、オンプレミスとSAPなどの統合システムの統合に最適です。

一方iPaaSは、パブリッククラウドから提供される統合ツールで、オンプレミスのハードウェア及びソフトウェアを必要とせず、完全にクラウドから動作します。

また、管理ツールがローカルではなく、リモートでホストされるハイブリッド環境で動作するよう設計されているものもあります。

さらにiPaaSは、今日のクラウドアプリケーションで使用されている軽量メッセージング及びドキュメント標準を処理するように設計されています。

統合の複雑さ

ESBは複雑なITシステムとアーキテクチャを統合するように設計されています。

企業のオンプレミスシステムとレガシステムをまとめたものです。

一方、iPaaSは、柔軟でリアルタイムのアプリケーションにより適した、より軽量の統合が可能となっています。

スケーラビリティ

ESBは、垂直方向のスケーラビリティ、つまり企業の内部システムとアーキテクチャの統合に最適です。

これは、ERPシステムがエンタープライズソフトウェアの重要な役割を果たしていた10年以上前に誕生したESBの進化を考えると意味があります。

一方、iPaaSは、水平方向のスケーラビリティ、つまりサードパーティ、パートナー、SaaSソリューションなどのアドホックアプリケーションとの統合に適しています。

iPaaSは軽量かつ柔軟で、企業はクラウドアプリケーションとシステムを迅速に接続して統合することができます。

iPaaSのメリット

全てクラウドで設計できるようになる

iPaaS製品を使用することで、ネットワーク自体を含むすべてをクライドで設計できます。

クラウドの可能性と信頼性が高まっている流れに乗り、統合プラットフォーム上で全てを構築したサービスも登場しています。

包括的なiPaaSソリューションは、ツールとサービスをSOA(Service Oriented Architecture)に融合させます。

SOAとは、コンピュータのソフトウェア機能を独立した”サービス”という単位で実装し、それらを組み合わせてシステムを作り上げるという考え方です。

SOAでは、インフラストラクチャやソフトウェア、データなどの制御を簡素化させ、リソースや情報の共有を簡単にすることで、迅速かつ臨機応変な施策実行や改善が可能になります。

ソフトウェアがマルチテナント化される

クラウド設計モデルの場合、テナントがやりとりを要求するたびに実行中のソフトウェアアプリケーションのインスタンスが展開されていました。

しかし、iPaaS導入によりソフトウェアがマルチテナント化されることで、単一のインスタンスがiPaaSを介してリソースを共有し、複数のテナントに対してサービスを提供することができます。

このインスタンスは、更新・変更の際にも単独で対応するため、調整の際に大規模なロールアウトが必要なく、ネットワークのオーバーヘッドを削減することができます。

また、マルチテナント化により、統合時のインフラストラクチャと管理コストも削減できます。

このためマルチテナンシーはコスト削減に貢献することができます。

IoTの統合に適している

今日、インターネット対応デバイスやIoT(モノのインターネット)が台頭してきているという傾向があります。

IoTの統合には水平方向の高いスケーラビリティとリアルタイム接続が必要不可欠です。

ESBはこの種の統合にはあまり適していないということもあり、iPaaSはIoTを統合する上で優れたソリューションであると言えます。

RPA導入におけるiPaaS

RPAを導入する際にも、データ連携の仕組みができていることが前提となります。

複数のロボットが収集した情報を連携する仕組みが整っていないと、RPAの導入効果が限定的なものとなってしまうからです。

業務プロセス全体において効率化を図るには、まずデータ連携システムをしっかりと構築する必要があります。

iPaaSの中には、大容量のデータ伝送の機能を持つものや、EDIやEAIの機能を実装しているものもあります。

データ伝送やデータベース連携の機能を活用することで、RPAをより効果的に導入することもできるようになります。

RPAについて詳しく知りたい方はこちらの記事を

RPATIMES

少子高齢化による人員不足により職場の生産性アップが叫ばれる現代、満を持して現れた […]…

まとめ

本記事では、iPaaSとは何か、その機能についてなど、iPaaSの基本を説明してきました。

クラウドをいかに活用するかで、業務の効率性は大きく変わってきます。

この時代背景を受け、多くの企業がクラウドデータとアプリケーションのホスティング、開発、統合に適したソリューションを探すことに苦労しているようです。

iPaaSへの正しい理解により、クラウドを活用したシステム構築がよりうまく行くのではないでしょうか。

この記事が皆さんのiPaaSへの理解の助けになれば幸いです。

iPaaSとは
最新情報をチェックしよう!
>「RPATIMES」へのお問い合わせ

「RPATIMES」へのお問い合わせ

タイアップ記事を投稿してほしい。 インタビューを受けたい。 プレスリリースを送付したい。などのご意見・ご要望がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

CTR IMG