rpaexpress

【2019年】Work Fusionの『RPA Express(エクスプレス)』とは?無料で使えるRPAツール

rpaexpress

現在、日本社会では働き方改革が国家主導で強く推奨されており、個人あたりの仕事量を減らすことがどの企業においても不可欠なこととなっています。

しかし、企業の仕事量というのはそう簡単には減らないものです。

そのような状況で最近注目され始めている技術がRPAと呼ばれるものです。

ここでは、Work Fusion社が提供する「RPA Express」について説明していきたいと思います。

そもそもRPAって?

RPAとは「ロボティックスプロセスオートメーション(Robotic Process Automation)」の略で、今まで人が行っていた単純作業をロボットに記憶させ、自動化する技術のことです。

例えば、書類作成や表、グラフの作成など、PC上で行われるような作業などをRPAロボットに記憶させることで、その作業を正確かつ高速に行わせることができます。

これにより、人が行うべき作業が大幅に削減されるほか、余った時間をより創造的な仕事に回せるため仕事に対するやる気の向上といった別の面での効果も期待されます。

更に、このRPAという技術はプログラミング技術を必要としないため、非ITの社員でもしっかりと教育することで使用できるようになるため、導入のハードルも従来の技術より下がります。

以上のような側面が現代の社会問題と相まって、とても注目されているのです。

RPAについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい。

関連記事

少子高齢化による人員不足により職場の生産性アップが叫ばれる現代、満を持して現れた業務自動化ツール「RPA」。 RPA導入の波は、大企業だけではなく中小企業にも広がっており、21世紀の働き方を大きく変えることになるでしょう。 我[…]

RPAとはの写真

RPA Expressとは?

実際にRPAを使うためには、RPAを行うソフトであるRPAツールが必要です。

有名なものだとWinActorやBizRobo!といったツールがありますが、これらのソフトは高額であり、RPAを始めて導入しようと考えている方などは、失敗したときのリスクなども考慮すると少し手が出しにくいと考えられます。

そこで紹介したいのが「RPA Express」と呼ばれるツールです。

RPA ExpressとはWork Fusion社が開発したRPAの一種です。

RPA ExpressにはRPA Express StarterRPA Express Proの2種類があり、それぞれ機能が全く異なっているわけではなく、RPAexpress Starterに+αの機能を加えたものがRPA Express Proという認識です。

RPA Expressの機能

具体的な機能は以下のようになっています。

RPA Express Starter

  • レコーダー機能
  • コード不要の自動化
  • デスクトップとウェブの自動化
  • 組み込みOCR
  • ドラッグ&ドロップビルダー
  • アプリケーション操作
  • Excel操作
  • マウス、キーボード操作

などが挙げられます。

一方、RPA Express Proでは、上記の機能に加えて

  • 集中型管理自動化
  • タスクスケジューリング
  • 無制限ユーザー数
  • ワークフロー管理
  • スムーズな人とボットとの協力関係

などが追加されます。

基本的な機能はRPA Express Starterに含まれていると言えます。

RPA Expressの使い方

WorkFusion Studio

RPA Expressを利用するにあたってメインとなるものです。

ロボットの作成はこの画面で行います。

作成の方法もアクティビティをドラックアンドドロップするだけなので、特に難しい技術を必要としていません。

そのため、直感的にロボットを作成することが可能です。

Play Recording

作成したロボットの実行はここで行うことができます。

例えば、Web上からデータを取得してからExcelに出力したり、マウスのクリックや入力操作をレコーディングするといった一連の作業を自動化することが可能です。

また、OCR機能も備えているため画像として認識されているデータなどをスキャナで読み取りテキストデータとして取得するといったことも可能です。

Replace with new recording/Insert recording

作成したロボットの編集を行う時は、メニューバー上部にあるこれらから修正可能です。

修正を行う方法はこの他にも記録した作業を上下に動かすことも可能ですが、この場合多くの場合でエラーが発生してしまうという欠点があります。

そのため、基本的にはReplace with new recordingやInsert recordingを利用します。

Publish to Control Tower

作成したロボットをフローチャートとして登録することができます。

こうすることで、複雑な作業を自動化する際にもフローチャートに登録した作業を連結するだけでよくなり、効率的に自動化することが可能になります。

RPA Expressの価格

ここまで読み進めた方が一番気になるポイントは「じゃあRPA Expressはどのくらいの値段がするの?」ということでしょう。

RPA Express Starterは、なんと無料で使用することができます。

これはRPAに興味のある方には非常に魅力的に映るのではないでしょうか。

RPA Express Proの方も体験版を無料で使用することができるため、基本的には他のRPAツールよりも導入のハードルがかなり下がります。

Work Fusion社はこの他に駆動型AI駆動型RPAであるSPA(Smart Process Automation)と呼ばれる製品を提供しており、またRPA Expressで作成したデータはそのままSPAに移行可能です。

そのため導入のハードルが低いRPA ExpressからゆくゆくはSPAに移行することを狙っていると考えられます。

RPA Expressの導入事例

実際にRPA Expressを導入した企業には、以下のようなものが挙げられます。

antites社

antites社はスペインのマドリードに拠点を置く小規模コンサルティング会社です。

antites社では、顧客の会計事務所であるGT Asesoria社にRPA Expressを提案し、社会保障労働文書に関する業務を実際にRPA Expressに任せました。

その結果、従業員を2人必要とし毎月5~6営業日かかっていたものが、月わずか2回に削減されました。

また、必要な従業員の数もわずか1人のロボットを監督する人だけとなり、業務効率が大幅に改善されました。

De Krom社

De Krom社はオランダにある舗装会社です。

De Krom社はコンサルティング会社のPeacock Insights社からRPA Expressを提案され、導入を決めました。

その結果、今まで2人の従業員が週に16~24時間かけて行っていた下請け業者への作業指示に関する業務が週に平均2時間にまで減少しました。

それにより社員が土日に業務をする必要がなくなった上、退屈な単調作業などからも解放されました。

そのほかにも、Motorola Solution社、R-Path社など海外の多くの企業が導入し成果もあげているため、無料とはいえ一定のスペックは確保されていると言えます。

ディップ株式会社

バイトルで有名なディップ株式会社もRPA Expressを導入しています。

ディップ社では、RPA Express以外にも3つのツールを組み合わせて使用することで、9ヶ月間の運用で10万時間の社内業務削減に成功しています。

また、俗にいう情シスの人間以外もRPAの開発を行い、各現場社員それぞれが自らの業務を次々に自動化しているのも特徴です。

ディップ社の運用方法について、より詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみるといいでしょう。

関連記事

しくじり先生でおなじみのディップ株式会社が、新たに『新・RPA推進方法』をリリースし、世間を騒がせている。 ____その推進方法とは、『ハイブリッドRPA』 『ハイブリッドRPA』と聞いて、 「うちの会社でも2ツール使っ[…]

RPA dip

RPA Expressの特徴

無料で使える

やはり一番は無料であるという点に限ります。

前述した通り有料版も存在するのですが、無料のRPAexpress Starterでも一定の機能は備えており、有料のRPAとは差別化ができています。

また、無料のRPA Express Starterから有料版のRPA Express Pro、そしてAI駆動型のSPAにまでスムーズに移行できるという点も、他にはない利点と言えます。

このシステムにより、RPAに興味はあるけれどあまり大きなリスクを負いたくないという方でも段階を踏んで安全にRPAを導入することができます。

日本語に対応している

RPAツールは純国産でないものも多く、その場合は日本語に対応していないものも少なくありません。

言語が外国語にしか対応していないと、開発者の育成も難しくなりそれだけ導入のハードルは高くなってしまいます。

しかし、RPA Expressは日本語にも対応しているため無料という点と相まって導入のハードルはかなり低くなります。

プログラミング知識は不要

これは他の多くのRPAツールにも共通して言えることではありますが、RPA Expressの場合も同様に高度なプログラミングスキルは必要ありません

そのため、社内にプログラミング知識を有している人がいなかったとしてもRPA Expressであれば導入することが可能です。

オブジェクト認識と画像認識の両方に対応

一般的なRPAツールでは、ロボットがクリックなどPC上での操作を認識するためにオブジェクト認識や画像認識といった方法を取っています。

ここで、オブジェクト認識と画像認識ということについて説明をしておきます。

オブジェクト認識は、ウェブページを構成しているHTMLといった裏の構造を読みとることでロボットが操作を認識する方法です。

この場合、デスクトップ上での画像が変わっても裏の構造が変化しない限りロボットは操作を認識できるため、最も安定していた認識方法となっています。

それに対し、画像認識はWebページなどの色や画像をロボットに覚えさせる方法ですが、画像が変わったり似たような画像が出てくると認識精度が落ちる点が弱みです。

RPA Expressでは、無料にも関わらずこの代表的な2つの認識方法を備えているため、状況に応じた認識を行うことが可能です。

RPA Expressはこんな方におすすめ!

基本的に高額なものが揃うRPAツールの中でRPA Expressは無料でありながら一定の機能は備えているため、あまり多くの機能を必要とはしていない方にはぴったりのRPAツールです。

また、RPAの導入を進めていきたいが実際どのような成果を上げるのか分からないため、高額なRPAツールの購入になかなか踏み切ることができないという方も多いです。

そのような方にとっても、RPAがどのようなものかを体感できるRPA Expressは最適です。

特に、中小企業の方でスモールスタートを考えている方にとっては非常に好都合なツールです。

更にRPA Expressで一定の自動化を実現すれば、有料版のRPAツールを導入するための稟議を通しやすくなるといった利点もあります。

RPA Expressが変える労働環境

以上がRPA Expressに関する概要なのですが、基本的に高額なツールであるRPAの中で無料版のRPAというのはかなり画期的なものです。

RPAは現代の労働環境を改善するためのかなり有効な策の1つです

単純作業に追われていた社員がより創造的な業務に関わることができる結果、社員の意欲向上だけでなく、今まで埋もれていた社員の能力が発揮されることも期待できます。

社内の業務改善を考えている方は、ぜひ1度RPA Expressの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

この記事でRPA Expressに興味を持った方は、以下の公式サイトをご覧下さい。

WorkFusion

Intelligent Automation Cloud is an entire automation ecosyst…

 

 

rpaexpress
最新情報をチェックしよう!
>「RPATIMES」へのお問い合わせ

「RPATIMES」へのお問い合わせ

タイアップ記事を投稿してほしい。 インタビューを受けたい。 プレスリリースを送付したい。などのご意見・ご要望がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

CTR IMG