【研修でRPAを学ぶ】無料/有料・内容解説ツール別おすすめ研修を紹介

RPAの導入を検討しているが、うまくスケールができるか不安だ。

RPAツールを試してみたが、自力で開発を進めていくには少し限界を感じる。

といった悩みを持っているのではないでしょうか?

RPA業界には、ツール販売や、導入を支援する会社だけでなく、どのようにしたらロボット開発効率的にできるのかを教えてくれるRPAの研修サービス(トレーニング)を実施している会社が多くあります

そこで今回は、ザックリと研修を受ける意義を確認した上で、それぞれのツールごと研修を行なっている会社についてまとめていきたいと思います

RPAの研修を受けることのメリット

効率的な学習が可能

何事も独学で学ぶことは可能ですが、それなりに遠回りもしますので、どうしても時間がかかってしまいます。

やはり、効率的に素早く知識を吸収するためには知識を持った人に教わるというのが一番手っ取り早いです。

RPAに関してもその例外ではなく、むしろ人から教わった方が圧倒的に開発スキルを向上させることができます

RPAは現在成長中の産業ですので、教えられる人も限られていますし、学ぶことに使える本やインターネットサイトも十分なレベルには到達していないと言えるでしょう。

そのため、実際に開発を行ってきた開発者たちが提供する研修では、実践的で価値の高い知識を、効率的に学ぶこと可能になります

質問が可能

RPAの最大の魅力は、自動化したいことを自動化できるというものです。

つまり、ロボットの作り方は無限に考えられて、使える場所の固定されたソフトウェアを開発することとは一線を画しています。

そのため、自分がロボットを使って自動化したいと思いついたとしても、それをどのようにロボットへの指令として落とし込んでいったら良いのかということに関しては、インターネットや本には回答がないということも十分考えられます

一方で、RPAのトレーニングを行っているサービスでは、研修後もRPAのロボット開発で分からない点が出てきた際に、質問ししたりアドバイスを受けることのできる企業もあります。

むしろ、RPAを学習していく上で、こういったアフターサービスが重要になってくるので研修サービスを選定する際には大きな選定基準の一つにすべきでしょう。

RPA開発応用の幅を広げられる

研修では、〇〇のロボットを作ってみるというのが定番です。

しかし、そのロボットは自分が今後作っていこうと考えているロボットとは毛色の全く異なるものかもしれません。

RPAはプログラミングとは違い、大切になってくるのは作業をどのように分解して、指示として落とし込んでいくのかということを考えるスキルになってきます。

ですので、関係ないと思っていた分野のロボットであっても、自分では考えもしなかった観点から作業を分解するという体験をすることができるというのは、今後自分が開発をしていく上で、その可能性や応用の幅を広げることのできる大変重要な知識だと言えるでしょう。

ツール別おすすめのRPA研修サービス

ではここからは、ツール別に研修会社をまとめていきたいと思います。

取り上げるツールは順に、BizRobo!、WinActor、UiPath、Blue Prismの4つです。

BizRobo!研修サービス

GOODROBOT

GOODROBOTではBizRobo!の充実した研修を受けることができます。

GOODROBOTの最大の特徴は、圧倒的なテキストです。

BizRobo!標準研修ということもあって、とても丁寧で手のかかった研修を受けることができます。

また大企業で600人の開発者育成を成功させた、竹内氏が研修テキストの監修と、講師をやっているというのも、Good Robotで研修を受けることの価値ではないかと思います。

内容は、基礎・応用・実践というレベルに分かれていて、それぞれのレベルに合わせた研修を行っているようです。

また、研修後のアフターサービスも充実しており、検定試験や専用のSNSによる質問といったサポートを受けることが出来ます。

料金

通常料金追加受講料金
基礎29,800円
応用49,800円39,800円
実践59,800円49,800円

2講以上の受験で、それぞれ上記の価格から1万円ずつ割引になるようなので、同時受講するのも良いと思います。

また、有料研修の他にも無料のハンズオンセミナーも開催しています。

goodrobot

ロボットはあなたの仕事を奪うターミネーターではありません。うんざりするような繰り返し作業をあなたに代わってやってくれる良…

Winスクール

1万7千人もの受講生を抱える、パソコンスクールでもBizRobo!の研修を受けることが可能です。

Winスクールの強みは、様々な研修を行ってきた会社であるということで、学びやすい研修内容を作るノウハウを持っているということではないでしょうか?

研修では、簡単なロボット作成から、Windowsアプリの自動化までを学ぶことができるようです。

料金

RPA業務自動化研修72,000円
Winスクール

RPA業務自動化(BizRobo!)講座のご紹介。RPAの代表的なツール「BizRobo!」を使って業務を自動化する手法…

WinActor研修サービス

Humanソシリア

HumanソシリアではWinActorの研修を無料のものと有料のものの2種類を提供しています。

無料の研修では、RPAとはどんなものなのかを知ってみたいと考えている人向けの、初歩的な内容のもので、有料のものではWinActorを使って実践的なロボットを作る方法についてを扱っています。

有料版、無料版ともにオンライン上で見ることのできる、e-learningの形式をとっているので、時間・場所にとらわれず学ぶことができるというのが魅力です。

他にも、対人形式で学ぶことのできる有料セミナーも実施されていて、3つのレベルから選択が可能です。

料金

RPA入門講座無料
WinActorシナリオ作成講座20,000円
初級研修30,000円
中級研修50,000円
上級研修50,000円
RPA

ヒューマンリソシアでは、「 教育+人+RPA 」 をワンストップのトータルサポートにて提供しています。…

insource

insourceも研修を幅広く展開している会社で、ここでもRPAに関する研修を受けることができます。

後にも書きますが、insourceではWinActorだけではなくUiPathの研修も提供しています。

insourceはWinActorの研修に関して、RPA初心者を対象とした初級編と、業務のレベルで使用したいと考えている人向けの中級編の2種類を設けています

料金

初級編32,400円
中級編64,800円

【公開講座】本研修では、基本的なRPAの説明から、「WinActor🄬」の特徴についてご理解していただいた上で、実際に触…

PERSOL

PERSOLでもWinActorとUiPathの研修の両方を実施しています。

基礎編と中級編の3種類の研修を行っていて、基本的な操作といった初歩的な段階からスタートして、excelを使ったロボット作りまでをしっかり学ぶことができます

料金

基礎編40,000円
中級編50,000円
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社…

ソフトバンク

携帯会社として有名なソフトバンクも研修サービスを行っています。

さらにそれもWinActorとUiPathの両方で行っています。

ソフトバンクの研修の強みは、100ページを超える資料がもらえるということと、と再学習が可能なシナリオを配布しているということです。

展開はビギナーとエキスパートの2種類になってます。

料金

ビギナー30,000円
エキスパート50,000円
RPAのお悩み、すべて解決します - SB モバイルサービス

SBモバイルサービスのRPAトレーニングでは、ビギナー、エキスパートの2つのトレーニングで貴社のRPAスペシャリストを育…

Edifist

officeなどのソフトウェア研修を行っていた会社であるEdifistもWinActorの研修を実施しています。

展開は、現在のところ入門編・初級編・中級編・上級編・カスタマイズとなっていますが、7月からは基礎・応用・カスタマイズの3つの展開になる予定です。

Edifistの最大の特徴は、カスタマイズというレベルが設定されていて、このカスタマイズでは、受講希望者の希望を聞いてカリキュラムを策定してもらえるというものです。

一定のレベルに達しているけれども、その上になかなかたどり着けないと感じている人にとってはありがたいサービスだと思います。

料金

基礎コース60,000円
中級コース60,000円
カスタマイズ応相談

UiPath研修サービス

insource

WinActorの研修を行っている会社として紹介しましたが、insourceはUiPathの研修も行っています。

展開は入門編と初中級編の2つで、RPAについてわからないという段階から、webやexcelを使ったロボットの開発方法までを抑えた内容になっています

料金

入門編48,600円
初中級編未掲載

【公開講座】「UiPath」を使用しながら学ぶ、実習中心の研修です。本研修では、RPAに関する基礎知識や、主なRPAツー…

ソフトバンク

WinActorのところでも書きましたが、ソフトバンクはUiPathの研修サービスも行なっています。

UiPathでは初級・中級・上級と3種類の研修を行っていて、RPAについて学ぶという段階から、Orchestratorの基本スキルや、エラー処理まで学ぶことができるようになっています

また、テキストが充実していて、再学習が可能なシナリオを受け取ることができるのも魅力です。

料金

初級40,000円
中級60,000円
上級60,000円

TIS株式会社

IT技術を駆使して、経営課題の解決を図るTIS株式会社では、初級のUiPathの研修を提供しています。

対象は、導入前の人から、導入後のスケールを考えている人までと広く、研修ではexcelやテキストファイルを使った基礎的な開発のやり方を学ぶことができます。

料金

初級65,000円

PERSOL

WInActorのところで紹介したように、 PERSOLではUiPathの研修も行ってます。

展開も2種類と同様で、基礎編・応用編となっています。

RPAについてという初歩的な段階からの研修を受けることができて、excelを使ったロボット作りや、最終的にはデータのスクレイピングができるロボットの作り方まで学ぶことが可能です。

料金

基礎編60,000円
応用編100,000円
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社…

Blue Prism研修サービス

RPAテクノロジーズ

BizRobo!を販売するRPAテクノロジーズは、Blue Prismの公認トレーニングパートナーでもあり、2週間でディベロッパー資格取得を目指せる研修も行っています

展開は、オンラインで学ぶことのできる、入門・基礎コースと、対人で学ぶことのできる基礎集中・ディベロッパー資格取得研修があります。

また、受講後には講師が会社に出向いて進捗を確認するというメンターリングをいうサービスも有料で展開しています

料金

入門研修(eラーニング)10,000円
基礎研修(eラーニング)100,000円
基礎集中研修300,000円
ディベロッパー資格取得研修500,000円
メンターリング応相談

RPAテクノロジーズが提供するBlue Prism研修サービス…

 

研修を利用してRPAをマスター

RPAの研修に行くことの意義を確認して、ツールごとに研修を行っている会社を紹介してきましたが、参加してみたいと思えるような研修が見つかったでしょうか?

研修を受ける最大の目的は、RPAを使えるようになるということですので、研修の内容や、研修を行っている講師の実績であったり、講習をしている企業にはどのような企業があるのかということもチェックしてみて、どこであればその目的を達成できそうか確認してみてください

最新情報をチェックしよう!
>「RPATIMES」へのお問い合わせ

「RPATIMES」へのお問い合わせ

タイアップ記事を投稿してほしい。 インタビューを受けたい。 プレスリリースを送付したい。などのご意見・ご要望がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

CTR IMG