RPA 未経験者

未経験からRPAを仕事にできる?基本知識や、よくある疑問を抑えて、あなたもRPA人材を目指そう!

RPA 未経験者

RPAっていうワードは最近よく聞く、人手が足りていないらしい、けどそもそもRPAってなんなの?

RPAが最近話題なのは知ってるけど、未経験で仕事にできるレベルになれるの?

そんな疑問を抱えている人もいるのではないでしょうか?

今回はRPAに特化したメディアであるRPA Times が、これからRPAを初めてみたい、と考えている人たちの疑問にお答えできるよう、基本的なところから丁寧に紹介して行きたいと思います

RPAとは?

そもそもRPAとは、ロボットに単純作業の自動化を任せてしまおうという、仕組みのことです。

具体的には、コピー&ペーストから始まり、リサーチや画像編集、データ入力から、メールの送信といったことまで、作業の流れを登録することのできるような、反復継続して行う仕事を自動化することができます

そして、現在のオフィス業務においても、多くの反復継続作業が人の手によって行われているため、働き方改革との相乗効果もあり、RPAが注目を集めています。

RPAについてもっと詳しく知りたい、という方は、RPAについて詳しくまとめた記事がありますので、そちらも参考にしてください。

よくある疑問&勘違い

ここからは、RPAをよく知らない・初めて学んでいる、という人がよく思っている疑問や、勘違いについてまとめていきます。

プログラミングの知識は必要ない!

まず第一に、RPAにおいてプログラミングの知識は必要ありません!

コンピュータに何かを自動化させる、という説明を聞くと、反射的に難しそうとか、よくわからない英語っぽい指示をカタカタ打ち込まないといけないのでは?といった心配をしてしまいます。

しかし、RPAはそういった、小難しいプログラミングの知識を全く必要としない技術なのです。

理由は、どのようにRPAに自動化を覚えさせるか、ということを知ればよくわかります。

RPAでは、コンピュータに、自分が普段操作に使っている画面を使って、”このボタンを押す”とか、そのあとに”この場所を参照して、エクセルにこう書く”といった、人間に教えるような感覚で指示を加えていくことで自動化を進めていきます

そのため、特殊な言語を覚えるといった必要は全くなく、初心者であっても基本的なルールを覚えさえすれば、単純なロボットを作るのは簡単にできます。

AIとRPAは何が違うの?

RPAとAIは何が違うのか、と気になる方もいると思うのですが、両者を厳密に区別することはとても難しいです。

なぜなら、今後RPAが発展していった場合、コンピュータが自律的に判断をして、自動的に業務を代行していくことが考えられるからです。

そのためには、現在AIと呼ばれている技術がRPAに組み込まれていくことになりますから、AIという技術の概念がRPAという技術の中に組み込まれていき、一体化していくことが考えられます

しかしながら、現状においては区別することが可能です。

今述べたように、AIは人間に依存しない、自律的な判断を行うことのできる技術のことを言います。そのため、コンピュータが行う操作のすべてを人間が指示する必要がある、という状態からは脱却していると言えます。

一方で、RPAは単純作業の自動化ですから、あくまで人間の指示されたことを、素早く正確にこなしていくだけにすぎません。

ですので現状においては、RPAは指示されたことを機械的に自動化するシステム、AIは指示されていないことまで自律的に判断を行うシステムと区別しておけば問題ないでしょう

RPAとエクセルマクロの違いって?

普段エクセルのマクロを使っている人にとっては、RPAとの違いが理解できないと思われるかも知れません。

この違いについては、丁寧に解説するとそれなりの説明ができるのですが、簡単に言えば以下のようにまとめることができるでしょう。

  • Officeのアプリケーションに縛られない
  • プログラミングの知識が必要ない
  • パソコンに縛られない

マクロはOfficeを使ったパソコン上の動作を自動化するシステムですから、自動化できる対象はOfficeのアプリケーションに縛られますし、それを指示するためのVBAという言語の習得が利用には必要不可欠です。

さらに、パソコン上のシステムなので、動かしているパソコン上でしか動作させることはできませんし、電源が入っていなければ動きません。

一方で、RPAは様々なことの自動化が可能です。そのため、Officeのアプリケーションを使った動作はもちろんのこと、Webサイトを使った操作なども自動化することができます

さらに、サーバーによって管理するタイプのRPAツールを導入している場合には、ネットワーク上にロボットがいることになりますから、たとえパソコンの電源が入っていなくても、自動的に業務を行わせることが可能ですし、普段利用している状態でもパソコンに負荷がかからないため、スムーズな作業環境を維持できます。

両者の違いについて詳しく知りたいという方は、以下の記事も参考にしてみてください。

資格が必要なのでは?

RPAを仕事にするには、資格が必要なのではないかと考える人も少なくありません。

しかしながら、RPAの仕事に就く上で必須とされている資格は、現状どこにもありません

ですので、資格がないからできないとか、資格を取るのが大変そうだから、と諦める必要はないのです。

逆に、資格を取って有利に仕事に就きたい!と考えている人は、「RPA技術者検定」という資格も存在しますので、取得して有利に就職活動をしてみてみるのも一つの手だと言えそうです。

女性の場合は、RPA女子プロジェクトという女子限定の資格もありますので、検討してみるのも良いでしょう。

RPAでできること!

ではRPAを使えるようになった場合には、どのようなことができるのでしょうか?

巷には、RPAを使ってできることなどの情報がたくさんありますが、今回は未経験の人がRPAを使えるようになった場合に、どのような仕事を任せられるか、という観点で、できることを紹介してきたいと思います

交通費精算

一般の事務として働いている人にとってもお馴染みの業務である、交通費精算ですが、RPAを使えるようになった場合には、少し違った態様で仕事を任せられることになるでしょう。

一般的には、社員の人たちが使った交通費のレシートなどを逐一シートなどに打ち込み、その代金が適正であるのかチェックするのが仕事です。

しかしながら、RPAを使えるようになるとそのような仕事とはおさらばできます。

RPAを使えるようになった場合には、そのようなルーチンワークを、分解して、コンピュータに指示するという仕事を行うようになります

これが的確にできれば、あなたの作ったロボットが自動的に、打ち込まれた数字と、ネットの交通費情報を照らし合わせ、数字が合致しているかどうかというチェックを自動的に行ってくれるようになります。

さらに、OCRという技術を使えば、その表に打ち込む作業すらも自動化することができます。

営業の発注業務とその売上管理

営業が作成した受発注リストをもとに、社内のシステムに個数や売上を打ち込むというのも事務社員の典型的な仕事になります。

しかし、RPAを使うことができればそのような単純作業を任されることはなくなるでしょう。

あなたがRPAを使うことができれば、リストから社内システムに打ち込むという流れをコンピュータに覚えさせることが仕事となり、それを実行するのがコンピュータの仕事になります

さらに、もっと器用に使いこなすことができれば、受注先に対して、注文の発注や、発想が完了したというメールを自動で送信するといったシステムまで構築することが可能になります。

RPAの知識を身につけるには?

では一体、未経験でどうやってRPAの知識を身につけたら良いのでしょうか?

いくつか方法がありますので、紹介させてもらいます。

有料のセミナーに参加する

やはり、最新の技術ではありますし、人に習うというのが一番早い方法かと思います

パソコンにあまり強くないという人には、セミナーに参加されるのが一番効果的ですし、安上がりになるかもしれません。

セミナーと一口に言っても、セミナーを開くことを生業している、セミナー専門のところで研修を受けるというものもあれば、人材紹介会社が開催しているセミナーというのもあります。

そのセミナーがいいのか、ということに関しては、これまでのコンピュータ経験や、本気度、懐事情などによって人それぞれですから、ピックアップするというのはまたの機会にさせてもらいたいと思います。

しかしながら、たくさんのセミナーが開かれていますので、ぜひ検索してみて自分には何がいいのかを調べてみてください。

RPAにはツールというものが存在します。

そして、それぞれのツールによって操作方法が違いますし、できることも変わってきます。

本気でRPAの仕事に就きたいと考えているのであれば、どのツールを学んだら良いのかという点をしっかりと考慮して、そのツールを学ぶことのできるセミナーに参加しましょう。

ツール選びに関しては、やや企業向けではありますが、以下の記事を参考にしてみてください。

独学で学ぶ

RPAを独学で学ぶということは可能です。

RPAは企業で導入しようとすると、多額の費用がかかるのですが、個人で利用したいとなった場合には、無料でライセンスを提供している会社も複数存在します。

このRPA Timesでも、今後無料で使えるライセンスでRPAを学ぶ方法については記事をあげていくつもりですので、参考にして独学で学んでみても良いでしょう。

友人に聞く

これは大変稀な例だとは思いますが、友人にRPAを使うことができるという人がいればその人に習うというのが一番手っ取り早く、安い方法だと思います。

自分の周りにそのような人がいれば、ぜひ頼ってみてください。

未経験歓迎のRPA求人に応募する

RPAは最新技術のため、開発者がまだまだ少ないです。

RPA関係の企業は自社内で開発者を育成を行っている企業も多くあるため、手っ取り早く求人に応募し、働きながら技術を習得していくのもいいでしょう。

ただし、デメリットとしてはRPAツールは企業ごとに異なる場合が多いため、ツールを選ぶことが難しくなります。

エントリーの際は、自分が学びたいツールもしっかりと検討した上で応募することでミスマッチを防ぐことができます。

RPA未経験者が理解しておきたい+αスキル

Excel

RPAを使った業務では、事務や経理といったExcelを使う業務が多いため、基本的なExcelの知識はつけておきたいところです。

RPA未経験者の募集要項を見てみると、Excelスキル保持者は歓迎される傾向にあるようです。

VBA

VBAはVisual Basic for Applicationsの略で、Microsoftのアプリケーションの拡張機能です。

RPAツールの中には、VBAの言語や基本的な使い方を理解しておくと、スムーズにRPAを習得出来たり、応用することができるようになります。

こちらはExcelと比べて必須ではないですが、RPA求人において優遇されるスキルになります。

あなたもRPA人材に!

ここまで、未経験でもRPA習得することは可能なのかという視点で、様々な観点からRPAを眺めてきましたが、いかがでしたでしょうか?

結論から言えば、RPAを未経験から学び、仕事にするということは可能です。

というより、今こそがその絶好の機会です!

RPAを学ぶことで、仕事の幅が広がるだけではなく、あなたが市場価値の高い、どこからも引っ張りだこの人間になれること間違いなしです。

さらに、RPAは女性にもぜひ学んでほしい技術です

なぜなら、女性の方は事務などの仕事についている方が大勢いて、常日頃から自動化できる業務に触れているからです。

さらに、RPAの習得により、派遣や在宅といった、時間に融通を効かせるような勤務が可能になりますし、育児休暇取得後の社会復帰の際に、その技術が後ろ盾となってくれるでしょう。

これらの点について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

RPATIMES

ロボットによって定型業務を自動化して、業務の効率化を図るRPAですが、近年働き方 […]…

RPA 未経験者
最新情報をチェックしよう!
>「RPATIMES」へのお問い合わせ

「RPATIMES」へのお問い合わせ

タイアップ記事を投稿してほしい。 インタビューを受けたい。 プレスリリースを送付したい。などのご意見・ご要望がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

CTR IMG