RPAとVBAを徹底比較!違いや特徴・どちらを使うべきかを網羅

パソコン操作の自動化といえば、近年急成長中のRPAですよね。

一方、RPAが出てくる前の自動化のツールといえば、マクロやVBAを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

RPAとマクロやVBAとは、いったい何が違うのか。

また、どちらを使うべきなのか。

この記事では、RPAとマクロ・VBAを比較していきたいと思います。

RPAとVBA・マクロとは

RPAとは

RPAとはRobotic Process Automationの略で、OSやサーバー、クラウド上で開発者の指示通りに動くロボットを作るための開発環境です。

作業手順を記憶させることで、繰り返し行われる業務を自動化することが可能になります。

コーディングが出来なくても、業務の自動化を行うことが出来るツールとして、近年注目を集めています。

マクロとは

マクロは、コンピューターの操作を自動化するための機能です。

マクロは、エクセル等のソフトで行われた操作をプログラム言語に変換してプログラムとして記録します。

こうして記録された操作は何度も再現することができ、コンピューター操作を自動化することができます。

この際に、記録されるプログラム自体がマクロです。

VBAとは

VBAはVisual Basic for Applicationsの略で、Microsoftのアプリケーションの拡張機能です。

上記でマクロはプログラム言語によって記述されると書きました。

このマクロのプログラムを記述するための言語がVBAです。

よく似た名前のVBという言語もありますが、VBAはVBをWindows用にカスタマイズした言語です。

VBAは基本的にローカルで動作することを想定した言語で、環境設定がほとんど必要ないため、プログラミング初心者でも簡単に始められると思います。

ここで大切なことは、VBAという言語で書かれたプログラムのことをマクロと呼ぶので、VBAとRPAを比較するという文章は厳密に言うと間違いで、以下ではVBA(マクロ)とRPAを比較していくことにします。

RPAとVBAでできること・できないこと

ここまでRPAとマクロ、VBAとは何かを解説してきました。

それぞれどういったものであるか、理解していただけましたか?

さて、ここからは、RPAとマクロ・VBAの機能を比較していきたいと思います。

RPAとマクロの比較表

マクロはどうしてもVBAを扱えるスキルが必要であり、使えるアプリケーションが限られます。

一方、RPAはマクロに比べ、設定等に知識やスキルが必要ありません。

そのため、使う上でのハードルは、マクロよりRPAの方が低いといえるでしょう。

VBAと比較したRPAのメリット

カバー領域の違い

RPAの自動化の範囲は、VBAやマクロと比べて圧倒的に広いです。

それぞれのカバー領域は、

  • RPA:パソコン内のすべての操作
  • VBAによるマクロ:Officeアプリケーション内の操作

となっています。

VBAのカバー領域

基本的にマクロやVBAは、Officeアプリケーションやドキュメント内での操作に限定されます。(最近、範囲は限られますがwebサイトからダウンロードできるようになりました)

例えば、Excel上の売上高データを月次別にグラフにするという作業を自動化するとします。

このとき、Excel上でグラフ形式を指定したり別のドキュメント上のデータを参照したりといった作業をマクロで自動化することができます。

VBAはプログラム言語なので、Excelデータの処理中に別のドキュメントを参照するなどのOffice製品をまたがった利用も可能です。

また、VBAを用いてOutlookを起動してメールを送信するなどの作業も可能になります。

簡単で再現性のある作業なら、プログラムを1から記述しなくても自動化が可能です。

RPAのカバー領域

RPAはパソコン操作すべてを自動化することが可能です。

例えば先ほどの売上高データを社内で用いているWebアプリケーションにも転記しなくてはならないとします。

グラフ作成まではマクロでも同様にできますが、Webアプリケーションを起動してフィールドにデータを書き込むことはマクロにはできません。

RPAはこのようなWebアプリケーションの操作も自動化が可能です。

エクセルシートに記載された移動ルートをブラウザで検索し、交通費を調べてエクセルシートに書き込むなどの複数アプリケーションを行き来する作業も自動化できます。

Webアプリケーションを用いた作業が増えている現在、マクロだけで作業を自動化することは難しいと言えます。

現場の人が操作しやすい

マクロやVBAは、ITスキルが高くない人には操作が難しいソフトウェアです。

VBAは実行環境が簡単であるものの、実際はVB(Visual Basic)と同様の文法で記述されるプログラム言語であり、プログラミングスキルが要求されます。

しかし、そういったスキルを持つ人は多くなく、業務に近い人が使いこなすのは難しいと言えます。

一方RPAは、高いITスキルがなくてもGUI(Graphical User Interface)で簡単にプログラムを作成することができる製品も多くあります。

(GUIとは目で見てわかりやすいUIのこと。具体的にはフローチャートなどを作成することでロボットを動かすことができる。)

また、RPAには作業手順のテンプレートも充実していて、プログラミングのスキルのない現場の人でも細かい調整が可能です。

RPAを用いれば、プログラミングスキルを持つ人に業務が集中するという問題も起こりにくいというメリットもあります。

データ処理能力の違い

マクロはパソコン上で動作するものであり、大量のデータを処理すると処理速度が非常に遅くなるというデメリットがあります。

一方RPAは、サーバー上で動作する製品が多く、サーバーは大量のデータを処理することを想定して作られているため、大量のデータも高速で処理することが可能です。

RPAとVBAを連携

ここまでRPAとマクロ・VBAを比較してきましたが、どちらにも得意不向きがあるもので、RPAとVBAを組み合わせて使っていくことでパフォーマンスを最大化させることができます。

例えば、Excel内の自動化にはVBAを使用して効率化し、外部のツールや媒体と連動させて自動化する際には、RPAを使用するなどの工夫をすることで効果を最大化することができます。

RPAに慣れてきたら、自らのスキルアップにも繋がりますのでVBAを学んでみるのもよいでしょう。

まとめ

本記事では、RPAとマクロ・VBAでの自動化を比較してきました。

RPAとマクロでは、自動化の対象となる領域、操作の簡単さ、処理速度など様々な違いがあります。

本記事でも紹介してきた通り、全体的な業務における自動化では、RPAの方が優れていると言えます。

一方で、マクロはエクセルでの計算等、Officeアプリケーション内の処理には強いです。

Excelで複雑な計算をする場合、RPAで一つ一つ関数を指示するとなるとかなりの労力となります。

こういった場合には、マクロの使用を検討すると良いと思います。

RPAは急成長中の領域であり、様々な知見も出されています。

RPAに関する新たな知識も吸収しながらその都度適したツールを賢く使っていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>「RPATIMES」へのお問い合わせ

「RPATIMES」へのお問い合わせ

タイアップ記事を投稿してほしい。 インタビューを受けたい。 プレスリリースを送付したい。などのご意見・ご要望がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

CTR IMG