RPA OCR

RPA×OCR 可能な業務や、AI-OCRサービスの比較を通じてOCRを徹底解剖!

RPA OCR

働き方改革に関する取り組みの中で、大幅な業務効率化を可能にする次世代の技術として注目されているRPA。

そして、RPAに対する注目が集まるのに従って、RPAと組み合わせることによって真価を発揮する技術にも期待の目が向けられています。

そのような、RPAと組み合わせることによって、従来よりも大きな力を発揮すると期待されている技術の一つが、OCRです。

今回はOCRについてだけでなく、OCRとRPAが組み合わさることで、どのような技術的発展があるのか、どのサービスが魅力的なのか、というところまで、詳しく紹介していきたいと思います

OCRとは

OCRとは、Optical Character Recognition の略称のことで、日本語でいうと光学的文字認識のことを言います。

具体的にどのような技術なのかといえば、手書きや印刷された文字を、イメージスキャナなどを利用して、コンピュータが認識可能なデジタルの文字コードに変換する技術のことです。

このOCRの技術が発展することによって、従来紙で管理を行ってきた様々な情報を、デジタルのフォーマットに統一し、さらに一括して管理ができることが期待できるため、近年ますます注目を集めています。

AI-OCR

OCRがどのような技術かご紹介しましたが、しかしながら単なるOCRでは弱点がかなり多いです。

例えば、

  • 精度向上の問題
  • 座標の設定が大変
  • フォーマットが限られる

といったものが挙げられるでしょう。

従来の技術では、精度がそこまで高くないことや、読み込ませる資料についてフォーマットをあらかじめ統一する必要があるため、利用可能な領域がかなり限られてきていました。

しかしながら、近年発展の目覚ましい、AIと技術を融合させたAI-OCRという技術によってこれらの課題を解決し、より汎用性の高い技術になることが期待されています。

具体的には、

  • ディープラーニングによる精度の向上
  • 各様式に自動対応

などです。

ディープラーニングによって、日々読み込みの精度が向上するだけでなく、最終的には手書きの文字に関しても自動認識が可能になることが期待されています。

さらに、様々なフォーマットに自動的に対応することができますので、フォーマットを統一し、デジタル管理に移行することに大変有用です。

RPA×OCR

OCR、AI-OCRの技術とRPAの技術を組み合わせることによって、さらにその技術の有用性は高まります。

OCRの技術では、単に情報を一括管理することのみが可能でしたが、RPAの技術が加わることで、その先の処理を行うことができるのです。

以下に、その具体例を紹介したいと思います。

受注処理の自動化

RPAとOCRの技術を組み合わせることによって、受注処理を自動化することができます。

RPAとOCRによる、受注処理の自動化

まず注文のメールを受信したのちに、OCRによってそれを読み込みます。

その後、RPAによって自動的な処理を行い、注文情報を帳簿に記入したり、受注が完了したことを注文者に自動的にメールを送信するということができます。

さらに、発注の指示を自動的に行ったり、それに伴う在庫管理も自動的に行わせることも考えられます。

名刺管理とDM送信

名刺管理と、DMの送信を一貫して自動化することも可能です。

名刺をもらった場合に、それをスキャンして名簿を自動的に作成します。

その後、発信したい情報などがあった場合には、RPAによって、自動的にその名簿上の人にメールを送信したり、宛名を記入し、DMを送信するといったことが可能になります。

また、自動化することのメリットとしては、名刺をもらうたびに、ただスキャンを行うだけで、それ以降のフローが自動的に行われていくということです。

他にも、丁寧に書かれたアンケート等であれば、スキャンをしたのち、RPAによって自動的に集計を行ったり、それに基づいた表・グラフの出力を行うことが可能です。

RPA-OCRサービス

Tegaki.ai-Cogent Labs

Tegaki.aiのOCRサービスの特徴は以下のようになります。

  • 手書き文字の認識(枠無し可)
  • 記号など多様な文字の認識
  • 他言語・業界用語の認識

Tegaki.aiの強みはディープラーニングの技術を用いた、高い認識率です。

この認識率については、少しスキャン後の画像を加工することによってさらに向上させることが可能です。

手書き認識なので、どうしても認識できない文字などが出てきてしまうことは否めませんが、チェックマークや、丸などの記号も認識可能なので、アンケートの重要な質問に関しては、記号での解答を求めるなどの対策をすることによって、十分対応が可能です。

導入企業にはJT(日本たばこ産業株式会社)などが挙げられます。

Tegaki.ai | AIを活用した手書き日本語入力OCR | Tegaki.ai

AI(人工知能)を活用し、手書き・活字を高精度で認識しデータ化する日本語入力OCR 「Tegaki」。各種申込書や診断書…

Prexifort-OCR-NTTデータ

Prexifort-OCRの特徴は以下の通りです。

  • 手書き文字の認識(枠無し可)
  • 自動補正
  • 柔軟な修正が可能

Prexifort-OCRも手書きの文字の認識に対応しています。

さらに、Prexifort-OCRの強みは、読み込んだ帳簿などに傾きや伸び縮みがあった場合でも自動的に補正をかけてくれるので、加工をすることなく読み込みが可能であるということでしょう。

さらに、読み込み画像と、取り込み後の画面を同時に見ることができ、修正候補までリストとして表示してくれるため、簡単にその修正を行うことが可能です。

単語認識も辞書が内蔵されているため、正確かつ多様な認識ができます

RPAツールのWinActorと対応することによって、経費精算やワークフローの自動化を行うことも可能です。

大手外食チェーンや、官公庁などにおいて導入されています。

帳票OCRソフトウェア『Prexifort-OCR』 のページ。 winactor.comは、国内シェアNo.1 RP…

帳票OCR for RPA-パナソニック

帳票OCR for RPAの特徴は以下のようにまとめることができます。

  • 手書き文字の認識(枠無し可)
  • バーコードやQRコードの認識が可能
  • 多彩なスキャン画像の保存機能

帳票OCR for RPAの最大の強みはバーコードやQRコードのスキャンができるということです。

QRコードの読み取りが可能になることによって、すでに登録してあるデータと紐づいたQRコードを使ったアンケートなどを行った場合に、本来なら氏名等を参照して個人を特定していく必要があったものが、全てのデータを個人専用のデータとして統一し管理することができます

また、RPAの機能が内臓されているので、OCRで読み取った内容について、自動的にEXELに反映させたり、フォーマットの不一致等のエラーが発生した場合にも自動で通知してくれるといった機能を、他のRPAツールなしで利用することができます

一方で、読み込ませるフォーマットについては事前に指定しないといけないという、少々面倒な面もあります。

キャノンやANAなどの企業において導入されています。

「帳票OCR for RPA」は、「帳票OCR」の高精度なOCR機能や高い操作性はそのままに、RPAで利用する際に便利な…

ABBYY Fine Reader-ABBYY

ABBYYのFine Reader の特徴では、以下のようなものが挙げられます。

  • 特定のフォルダの自動OCR読み取り
  • 192言語に対応
  • 図や表の抽出が可能

ABBYYのFine Reader は手書きの文字に対応していません。

これはこれまで挙げたOCRサービスとは大きく異なる点ですので、注意してください。

そして、形式もPDFを基本としていますので、PDF上での編集になります。

一方で、これまでのどのサービスよりも多くの言語に対応しています。

さらに図や表、さらには見出しといった内容についてまで判別可能であるため、複雑なレイアウトの文書にも十分対応可能です。

RPAとOCRの発展

今後、科学技術の発展に伴い、RPAやOCRの領域においてもさらなる発展がある事は確実です。

そして、それらの発展に伴って、従来の紙ベースの管理から、デジタルベースのデータ管理への移行は急速に発展していく事は間違い無いでしょう。

今後、手作業による入力という業務そのものの存在をなくす可能性も秘めた、画期的な技術です。

アンケートなどの集計をよく行うといった企業で、業務行率化を図りたいと考えている企業にとって、一番初めに選択肢の一つに含めて欲しい技術だと言えそうです。

RPA OCR
最新情報をチェックしよう!
>「RPATIMES」へのお問い合わせ

「RPATIMES」へのお問い合わせ

タイアップ記事を投稿してほしい。 インタビューを受けたい。 プレスリリースを送付したい。などのご意見・ご要望がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

CTR IMG