RPAセキュリティ

RPA×セキュリティリスク 想定される問題とその対策は?

RPAセキュリティ

様々な業務の自動化・効率化を図るためのツールとして最近RPA(Robotic Process Autometion)が注目を集めています。

しかし、業務の一部をロボットが代行することになるので、セキュリティの問題を無視することはできません

ですので、今回はRPA導入に際しての”セキュリティ問題”に焦点を当てて解説していきたいと思います。

RPA導入で想定されるセキュリティリスク

ウイルスによる不正利用リスク

RPAツールはウイルスなどのサイバー攻撃に対するリスクは0ではありません。

RPAでは、様々な業務、特に事務処理的な色の濃い業務を、代行することになるので、IDやパスワード、顧客情報などを打ち込むという仕事もその中には多く含まれます。

そして、RPAツールがサイバー攻撃を受けてしまった場合、重要な情報や個人情報を漏洩してしまうことになりますし、最悪の場合データを改ざんされてしまう場合も考えられます。

特に、注意しなくてはならないのが基幹システムにRPAを導入する際です。

無論、基幹システムは会社のシステムの中枢を担っていますから、細心の注意を払って導入すべきです。

RPAの中にはセキュリティに特化したツールもありますから、基幹システムにRPA導入を検討している方は、チェックしておくといいでしょう。

RPAロボットの設定ミスによる誤作動のリスク

RPAはロボットが業務を代行するのだから、ミスは発生しないと考えるのは大きな間違いです。

RPAに業務の命令、つまりどのような処理を行わせるのかというのを指示するのは人間です。

そして、その指示が間違っていた場合、重要な情報に関しての誤送信などのミスが発生します。

また、RPAツールは反復継続して行われる処理に利用されることがほとんどですので、間違った設定をしてしまった場合、それに気づくまで間違った処理をし続けてしまいます

特にお金の処理をRPA化する際は、最新の注意を払うべきでしょう。

現状、RPAで発注といった処理をさせることはやめておいたほうが良いとも言われているくらいなので、開発する際は気を付けるべきポイントの一つです。

RPA導入のセキュリティ対策

では、ここまで挙げてきたセキュリティ問題に対してどのような対策をとればいいのかを紹介していきます。

RPAツールのアクセス権限の設定での対策

RPAシステムには、IDやパスワードなどの情報が含まれることがあり、それらの漏洩による被害は甚大なものとなる可能性があります。

ですので、RPAシステムに関しては厳重なセキュリティによる保護が必要となります。

また、ある部署の従業員が、他部署のRPAシステムを操作可能な状態にしておくのも大変危険です。

そのため、各部署ごとにきちんとシステムの住み分けを行い、アクセス権限を制限する必要があります

管理部門の人以外は、自分の部署のRPAのみにアクセス権を制限しましょう。

ファイルの暗号化での対策

外部、内部を問わず不正アクセスにより生じるセキュリティ上の問題はこれまで挙げた通りです。

そして、特にサーバーによって管理をしているRPAツールの場合、サイバー攻撃を受ける可能性は常にあります。

なので、万が一大切なデータが盗取された場合にも、それを開くことができない、解読することができないよう暗号化しておく必要があります

暗号化を施すことによって、データが漏洩したとしても、そのデータを”利用価値のないデータ”にすることができるので、重要なデータについては、積極的に行う必要があるでしょう。

部門間の連携での対策

アクセス権限の設定のところでは、主に部門間の住み分け的なニュアンスでの対策の紹介になりましたが、他部門との連携もセキュリティ対策にとって非常に大切です

もっと具体的に言えば、業務を行っている人たちと、社内ネットワークを管理している人たちの間での連携が大切なのです。

RPAは、実務をより効率化することを目的とするシステムです。

なので、その開発には現場で働いている人の意見や、企画が重要かつ、実施した場合にも効果の出やすいものになってきます。

そして、現場の人たちがロボットを開発するということが、今後当たり前になってきます。

そのため、ロボットを作ることはできても、ネットワークのセキュリティに関して知識の乏しい人たちがその開発に関わることとなります。

ですので、社内ネットワークを管理する、情報システム部門の人たちが、現場の人たちと連携・協力して足りない部分を補う形で、ロボットを統括・管理することが必要になってきます

セキュリティに強いRPAツールの選定で対策

RPAツールを選定する際に、セキュリティに強いツールを選択することが重要です。

サーバー型のRPAは比較的セキュリティ面で強いともいわれていますが、セキュリティ面で不安が残ると言われているクラウド型のRPAの中にも、セキュリティに安心できるツールがあるように、個別のツールによって判断したほうが良いでしょう。

一つ一つのRPAツールの特徴を理解した上で、自社の特徴にあったRPAを選ぶことが重要です。

こちらの記事で、RPAツールの選定方法や各ツールの特徴について解説していますので、参考にしてみてください。

関連記事

RPAを導入する上で一番時間をかけて取り組むべき問題が、どのツールを使うかというもの。 日本で徐々にRPAが認知され、市場が広がるにつれて、多くのRPAベンダーが現れ、各社の個性を生かした様々なRPAツールを販売しています。 […]

RPAツール比較

RPA×セキュリティ

ここまでRPAに関わる、セキュリティ問題について書いてきました。

RPAは今後利用可能な領域も拡大し、技術自体も複雑かつ高度になっていくことは明らかです。

しかしながら、利便性もそれに伴って向上していきますから、安全にRPAを導入・利用するような環境を整えることは必須です。

ですので、RPA導入に関わるセキュリティ上のリスクと、それらへの対策についても、システム導入に併せて考えていく必要があります

RPAセキュリティ
最新情報をチェックしよう!
>「RPATIMES」へのお問い合わせ

「RPATIMES」へのお問い合わせ

タイアップ記事を投稿してほしい。 インタビューを受けたい。 プレスリリースを送付したい。などのご意見・ご要望がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

CTR IMG