RPAで経理

RPAによって経理業務はどう変化するのか?

RPAで経理

近年、ホワイトカラーの生産性向上に寄与するとして注目を浴びているのがロボット技術の一つであるRPA(Robotic Process Automation).

様々な方面において活躍しているRPAですが、中でも特にRPAを適用できる分野と考えられているのが経理業務です。

経理業務の多くの作業は定型的であるため、RPAはそれらの作業を自動化でき、経理全体の在り方を大きく変えることができるのです。

以下では具体的なRPA導入の事例を参考にしながら、RPAによって経理業務がいかに変化するのかを徹底解説していきます。

RPAが代行可能な経理業務とは

経理全体でのRPAの立ち位置

RPAが代行可能な経理の具体的な作業について説明する前に、まず経理業務の全体像を概説します。

経理は大まかに以下の3つの業務に分けることができます。

  • 1. 実績を数値化し外部に情報を提供
  • 2. 会社の資金の流れを管理
  • 3. 内部に情報を提供し会社の方向性を検討

RPAが主に代行できるのはこの3つの中の、実績を数値化し外部に情報を提供する業務です。

RPAが代行可能な経理業務の具体例

RPAを経理のどの部分に導入するかは企業によって変わってきますが、以下にRPA導入の具体例をいくつかご紹介します。

売掛金や買掛金の管理
入金や支払い情報に応じて、回収リスト、消込、システムへの入力を行う

資産管理
資産台帳に応じて、会計システムへの入力、税務提出書類の生成

請求書データのシステム入力
売上管理システムの入力に応じて、請求書を生成し送信

交通費精算確認
社員が入力した交通費を乗り換え案内サイトで照合

経理業務へRPAを導入するメリット

RPA導入によって経理業務がどのように効率化されるのか。RPA導入の2大メリットを解説します。

1. 作業時間の短縮

経理業務の一部の作業をRPAで代行したことで、本来1時間かかる作業が10分に短縮されたなどの先行事例が多く存在します。

RPAを使用するだけで作業のスピードが一気に加速し、従来と比較して同じ量の業務を圧倒的に短い時間でこなせるのです。

また、RPAは社員と異なり、24時間365日動かし続けても労働問題となりません。

会社の人件費並びに労働時間の大幅な節約につながります。

さらに、現有人材には、RPA導入により浮いた時間でより高度な、非定型的な作業に従事してもらうことが可能になります。結果、RPAが代行することのできない方面においても、生産性の向上を図ることができるのです。

2. ミスの減少

定型業務にありがちなミス。単純作業において間違えるはずがないという慢心や、同じ手順の作業を繰り返し行うことによる集中力の低下がこうしたヒューマンエラーを生み出していると考えられます。

ミスが生じると修正のため同じ作業にまた新たな時間や労力が問われることとなり、当然社員のモチベーションも低下していきます。

しかしRPAは人間と異なり、同じ条件下であればいつも一定の精度で与えられた業務を的確にこなします。そのため、経理業務上のミスを基本的にゼロに抑えることが可能なのです。

ミスがなくなれば一つの作業に新たな時間や労働力を要することもなくなり、全体として大きなコスト削減につながるでしょう。

経理業務へのRPA導入事例

ここでRPAを実際に経理へ導入している組織の事例を紹介します。

関西電力では2018年度にRPAの導入を開始し、現在では口座振替といった事務処理、従業員の出張旅費の精算といった経理業務など、約50件の業務にRPAを用いています。

RPA導入によって効果が上がっていることを受け、19年度には年間5億円以上のコスト削減月1400時間の業務時間削減を目標として掲げています。

また、名古屋大学医学部附属病院では2018年12月から業務の洗い出しを行い、経理課を始めとする5部署にてRPA導入の実証実験を行ってきました。

その際、外部資金や科学技術研究費補助金の収支簿作成などを行うロボットを職員自らの手で作成し、合計415.7時間の業務削減に成功しました。

経理業務へRPAを導入する際に注意したいポイント

RPA導入は経理全体の効率化を図る上で非常に効果的ですが、その効果を最大限のものにするためにも注意したいポイントを解説します。

業務フローの可視化

導入すべき部分を明確にするため、対象の業務の可視化が必要です。

現在の業務の流れを正確に、具体的に捉えることで初めて経理の中でもどの部分へRPAを導入すべきか判断することができます。

その際、RPAを管理する部門と経理部門の担当者に加えて、マネージャー格の社員が同席するミーティングを設置し、業務の洗い出しとフローチャート化を行うことが必要です。

RPAを自動化する部分だけでなく、そもそもやる必要のない業務が見つかり、業務の効率化がなされるかもしれません。

RPAツールの学習と検証

RPAツール導入の際には、基本的にプログラミングの専門知識を必要としません

しかしRPAツールは多種多様です。自社の規模や状況、効率化したい業務などに即して最適なツールを選択できるよう、RPAツールの基本的な学習は必要となるでしょう。

また、RPAにどういった業務をさせるかはあくまで人間が指示するものです。そのため、初めの頃はRPAによる操作が正しく行われているか確認しながら動かしていく必要があります。

その際に重要なのは、最初から「100%RPAによる自動化」を目指さないことです。

全てをRPAに任せようとすると、業務のどこかに無理が生じ、導入を諦めてしまうケースもあります。

検証を重ねながら、RPAを徐々に多様な業務へ導入していくことが望ましいでしょう。

まとめ

本記事ではRPAを導入することで経理業務がどのように変化するかを解説しました。

定型的な作業の多い経理業務はRPA導入をすることで特に効果を期待することができます。

しかし、その導入をスムーズなものにするためにも、業務フローの可視化やRPAに関する学習など、人間による準備も非常に重要となると言えるでしょう。

RPAで経理
最新情報をチェックしよう!
>「RPATIMES」へのお問い合わせ

「RPATIMES」へのお問い合わせ

タイアップ記事を投稿してほしい。 インタビューを受けたい。 プレスリリースを送付したい。などのご意見・ご要望がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

CTR IMG