KOFAX 記者会見

Kofax社 CEOが語る Inteligent Automation拡張に向けて

  • 2019年11月13日
  • 2019年11月13日
  • 未分類
KOFAX 記者会見

2019年11月13日、東京都千代田区丸の内にあるパレスホテル東京にてKofax社の記者会見が行われ、RPAを含むインテリジェント・オートメーション・プラットフォームの強化が発表されました。

同社では、多くの企業が横断的なビジネスプロセスオートメーションの恩恵を享受できていないことを課題として挙げていました。

そのため、デジタル・トランスフォーメーションを実現するにはプロセス・オーケストレーションを中心とするより大きな変革が必要としこれを実現するための機能が加えられました。

具体的に追加された機能は以下の通りです。

・非構造化コンテンツからの抽出機能

従来のインテリジェント・オートメーションでは、非構造化コンテンツからの場所の抽出や解釈が困難という課題が存在しました。

そこで、同社では新しい自然言語処理技術により非構造化コンテンツに含まれる人や場所の情報を自動で判断できるようにアップデートされました。

この技術はKofax RPAのみならずKofax社が提供するインテリジェント・オートメーション・プラットフォーム全体で利用可能です。

クラウド型のKofax TotalAgility及びAP Agilityの提供

同社ではこれまで無期限、もしくは期限付きのライセンスによりKofax TotalAgility及びAP Agilityをオンプレミス型で提供していました。

今回のアップデートによりこれらをMicrosoft Azureでホストされているクラウド上での利用ができるようになります。

これにより、より迅速な導入ができる上に企業のニーズに合わせた導入やライセンスの選択が可能になります。

同社ではこれまで全ての製品において日本語を含む7~8ヶ国語への対応を可能にしている実績があり、IAプラットフォーム・でも本語対応が行われることが期待されます。

Kofax社のビジョン

同社は、RPAはデジタル・トランスフォーメーションにおいて有用なものではあるが、大きなソリューションの一部に過ぎないと考えています。

そのため、ビジネスプロセスを解決するにはプロセス・オーケストレーションといったその他の要素が必要不可欠であると述べており、これはデジタル・トランスフォーメーションに苦戦している企業が認識すべき内容であると言えます。

Kofax社では日本市場を世界でもトップクラスの規模であると考えており、2019年度を通して投資額を高めることで十分な成長基盤を築くことに成功しました。

今後もKofax社の動向に目が離せません。

KOFAX 記者会見
最新情報をチェックしよう!

未分類の最新記事8件

>「RPATIMES」へのお問い合わせ

「RPATIMES」へのお問い合わせ

タイアップ記事を投稿してほしい。 インタビューを受けたい。 プレスリリースを送付したい。などのご意見・ご要望がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

CTR IMG